転びインタビュアー

 「転び公安」という言葉は良く聞きますが、最近では「転びインタビュアー」というのもあるんですかね?
 

トランプ氏「ひどい中傷」 側近が記者に暴行疑い
テレ朝news (2016/03/30 11:50)
 

 
 アメリカ大統領選の共和党の候補者選びでトップを走るトランプ氏の側近が、女性記者に暴行したとして逮捕・訴追されました。トランプ氏の陣営は、逮捕されたこと自体を否定しています。

 アメリカのメディアや地元の警察によりますと、逮捕・訴追されたのは、トランプ氏の選挙活動の責任者を務める男(42)です。男は8日、フロリダ州で開かれた記者会見の後、トランプ氏に質問をしようとした女性記者の左腕をつかみ、引っ張ったとして、暴行の疑いが持たれています。女性は、男につかまれてあざができたと警察に訴えていました。

 トランプ氏:「映像を見れば、彼がひどい中傷を受けていると分かる。不公平だ」

 トランプ氏は、自分のジェット機の中で記者会見し、男を擁護しました。トランプ氏の陣営は、男は逮捕されておらず、無実だと主張しています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2016

 

トランプ陣営の選対責任者が逮捕、女性記者への暴行容疑
CNN 2016.03.30 Wed posted at 11:50 JST
 


トランプ氏は自身の選対責任者に対する訴えに懐疑的な見方を示す

 
(CNN) 米大統領選に向けた共和党の候補者指名を目指す実業家、ドナルド・トランプ氏の選挙対策責任者が女性記者の腕を乱暴につかんだとして、フロリダ州ジュピター市内で逮捕された。

地元警察がCNNに語ったところによると、選対責任者のコーリー・ルワンドウスキ容疑者は29日午前に出頭し、ミシェル・フィールズさんに対する軽犯罪法違反の容疑で逮捕された。その後釈放されたが、5月4日に裁判所へ出廷する予定。警察は同時に、暴行の現場とされる場面を頭上のカメラがとらえた映像を公開した。

トランプ陣営の報道担当者とルワンドウスキ容疑者の弁護士は29日、同容疑者は「絶対に無実」だとする声明を発表。本人は罪状認否で無実を主張するだろうと述べた。

フィールズさんはトランプ氏の支持者らに人気のあるニュースサイトの記者を務めていた。今月8日、トランプ陣営による記者会見の会場でルワンドウスキ容疑者に左腕を強く引っ張られたとして、11日に警察に通報した。事情を聴いた警官によると、フィールズさんは「後ろへ倒れそうになった」と話し、腕をつかまれた痕とみられるあざを見せたという。

フィールズさんは翌週、ニュースサイト側の初期対応が不十分だったとして同サイトの記者職から退いた
 


フィールズさんはつかまれてできたとする左腕のあざをネット上に公開した

 
トランプ氏は、この件がフィールズさんの作り話だと主張している。29日午後には専用機内での記者団との会話で、「彼女のあざが前からあったものではないと言い切れるだろうか」「あざがこの時にできたなら叫んだりするはずではないか」などと語った。

ルワンドウスキ容疑者については「立派な人物だ」と語り、「私は人を切り捨てたりしない」と述べるなど、解任の意思はないことを示唆した。ルワンドウスキ容疑者はトランプ氏への熱心な支持や尊大な態度でよく知られている。

トランプ氏はまたツイッター上で、フィールズさんが8日の会見後に自分の腕をつかんだとほのめかし、「彼女はどうして許されるのか。こちらが訴えようか」などと問い掛けた。

フィールズさんが警察に通報する前の時点から、トランプ氏は「現場にいたシークレット・サービス要員からは何もなかったと聞いている」と主張。ルワンドウスキ容疑者もまた、フィールズさんの「完全な妄想」だと切り捨て、「あなたに触れてはいない」とツイートしていた。

トランプ氏と指名を争うライバルたちは、同容疑者の逮捕に素早い反応を示している。テッド・クルーズ氏は記者団に、「これはトランプ陣営の風土が生み出した結果だ」「個人への侮辱や攻撃、そしてこうした暴力に基づく選挙運動は、我が国の民主主義に参加する資格がない」と語った。

 
 毎度思うことですが、マスコミって…

あざといわw!
 

weblo辞書 [三省堂]

あざと・い [3]
( 形 ) [文] ク あざと・し
抜け目がなく貪欲である。あくらつだ。 「 - ・い商法」
小りこうだ。思慮が浅い。 「愚人ばらが-・き方便(てだて)に討たれさせ給ひしは/浄瑠璃・神霊矢口渡」
[派生] -さ ( 名 )
「あざとい」に似た言葉
狡賢い 卑しい

 
 
 この「あざとさ」は日本国内、海外を問いませんw。

 ニュースの内容としては、トランプ候補の選挙対策責任者が、女性記者に暴行で訴えられて一時的に身柄を拘束され、その後保釈されて、改めて裁判で争うという話。

 「証拠映像」が残り、シークレット・サービス要員も目撃しているでしょうから、トランプ候補側としては「逃げも隠れもしませんよ」というコトで、逆に?訴えた被害者が会社を辞めて雲隠れするようでは…

ナンダカなw?

 事の真相がハッキリするまで迂闊なことは書かないのがマスコミの「矜持」のように思うワケですが、テレ朝のニュースは不必要に選対責任者のコーリー・ルワンドウスキの名を伏せることで、何か?思いやりがある…もしくは「分別のある大人」のような立ち居地を演出し、なおかつトランプ候補がルワンドウスキ氏を「擁護」していると、まるで暴行が事実であるかのような表現で…

あざといわw!

 勘違いして欲しくないのですが、ワタシはトランプ候補を「擁護」するつもりでこんなことを書いているワケではなく、マスコミの「あざとさ」が鼻についただけです。

 ま、今までもこうしたマスコミの「あざとさ」にウンザリしていたワケですが、事が日本の将来にも影響を及ぼすかも知れないアメリカ大統領選挙となると、いたたまれなくなった次第です。はい。

 こうした「あざとさ」に引っ掛かってマスコミに誘導されてしまうんでしょうなw。特に?スマホでゲームに夢中になっている若者などは、「言葉の意味」にますます鈍感になり、頭のイイ人たちの口車に簡単に乗っかってしまうんじゃないの?と、選挙年齢の引き下げにも全く期待できない今日この頃ですw!

 CNNにしてもテレ朝と同類で、テレ朝より状況を丁寧に伝えているのはアレとしても、事件とは全く関係の無いテッド・クルーズ候補のコメントを持ち出し、トランプ候補が不利になるようなバイアスをかけています。

 だいたい、利害関係者というか?利益相反するテッド・クルーズ候補のコメントを持ち出すことが、公平な選挙報道にふさわしいのか?アメリカのマスコミ関係者に限らず、日本の関係者も含めて聞いてみたいものですw。

 理性を失ったマスコミなんて…

単なるプロパガンダ機関

…であしかありません。
 

 
 いずれにせよ「トランプ潰し」?が思うように進まなくて、焦っている人たちがいるような気配ですw。
 

トランプ氏の「在日米軍撤退」発言、政府が懸念
読売新聞 2016年03月27日 19時11分

 トランプ氏が、在日米軍撤退の可能性に触れたことについて、日本政府は懸念を強めている。

 日本政府関係者は27日、「実際に大統領になれば現実的な考え方をするようになると言う人もいるが、彼が大統領になったら日米安保は大変だ。どう出てくるのか、まだ想像がつかない」と困惑気味に語った。

 日米両政府は今年1月、2016年度から5年間の在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を9465億円とすることで合意した。トランプ氏が日米安保条約や思いやり予算などについて、正確な知識を得た上で発言しているのかも不明で、日本側は真意を測りかねている。

 日本政府は、在米大使館関係者が、トランプ氏の陣営関係者を通じて日米関係に関する考えを確認しようとしているが、「共和党の主流派がブレーンとして入っておらず、誰が対日政策でアドバイスをしているのか分からない」(外務省幹部)のが実情だ。

2016年03月27日 19時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告