「邪馬台国」は存在しなかった 4

 まず、『魏志倭人伝』に見られる倭の国の官位制度をおさらいします。

對馬國 「卑狗」⇒「卑奴母離」
一大國 「卑狗」⇒「卑奴母離」
末盧國 不明
伊都國 「爾支」「泄謨觚」「柄渠觚」
奴國 「兕馬觚」⇒「卑奴母離」
不彌國 「多模」⇒「卑奴母離」
投馬國 「彌彌」⇒「彌彌那利」
邪馬壹國 「伊支馬」⇒「彌馬升」⇒「彌馬獲支」⇒「奴佳鞮」
狗奴國 「狗古智卑狗」

 そして前回…

對馬國 「卑狗」⇒「卑奴母離」
一大國 「卑狗」⇒「卑奴母離」
伊都國 「爾支」「泄謨觚」「柄渠觚」
奴國 「兕馬觚」⇒「卑奴母離」
不彌國 「多模」⇒「卑奴母離」

…のグループと…

投馬國 「彌彌」⇒「彌彌那利」
邪馬壹國 「伊支馬」⇒「彌馬升」⇒「彌馬獲支」⇒「奴佳鞮」
狗奴國 「狗古智卑狗」

…のグループに大別され、なおかつ邪馬壹国すら伊都国によって監察されていることから、邪馬壹国(女王国)より北は伊都国が最大権力を掌握しており、その権力の源泉は「都督府」の存在にあり、すなわち中国の支配下にあったと述べました。

 そして本来は奴国が大王国であったものが、大乱の最中に権力の入れ替わりが起きて凋落し、「狗(犬)」と蔑まれ、「狗奴国」と呼ばれるようになった…と。

 そこで「狗」と「卑」の蔑称に目を向け官位制度を見直すと、「卑狗」とは「卑」+「狗」=「卑」+「奴国」と解釈され、「卑奴母離」とは「卑」+「奴国」+「母離」であり、「卑」は相手を蔑む「定型」で、それ以降は…

母なる「奴国」を離れる

…と解釈可能です。

 仮に「卑狗」=A、「卑奴母離」=Bとして上記の官位制度を見直すと…

對馬國 「A」⇒「B」
一大國 「A」⇒「B」
奴國 「兕馬觚」⇒「B」
不彌國 「多模」⇒「B」
伊都國 「爾支」「泄謨觚」「柄渠觚」

…となり、本来は奴国と不彌国にも「A」という官位があったのが、伊都国から派遣された「官吏」にその地位を奪われた状況が伺えます。

 さらに詳しく見ると、奴国の長官(大官)は伊都国の副官レベルなのに対して、不彌国の長官はおそらく伊都国と同レベルであり、したがって…

不彌国は伊都国の直轄地

…ではなかったのか?

 で、おそらくそれは不彌国が軍事を担っていたからであり、そのことは不彌国の人口が「家」で示されていることからも推察されます。

東行至不彌國百里
東に行くと百里で「不彌国」に至る。
官曰多模 副曰卑奴母離 有千餘家
官は「多模」、副官は「卑奴母離」で、千家余りがある。

「魏志倭人伝」

 他の文献に目を通したところ、武人は「家」を単位に数えていることを知り、俗衆は「戸」を単位とし、『魏志倭人伝』に限らず「戸」「家」を使い分けています。

『後漢書』 東夷列伝 三韓伝

有三種
「韓」には三種有り。
一曰馬韓 二曰辰韓 三曰弁辰
一曰に馬韓、二に辰韓、三に弁辰。
馬韓在西 有五十四國 其北與樂浪 南與倭接
馬韓は西に在って五十四国を有し、その北は楽浪、南は倭に接す。
辰韓在東 十有二國 其北與濊貊接
辰韓は東に在り、十と二国を有し、その北は濊貊に接す。
弁辰在辰韓之南 亦十有二國 其南亦與倭接
弁辰は辰韓の南に在り、同じく十と二国を有し、その南は同じく倭に接す。
凡七十八國
凡てで七十八国。
伯濟是其一國焉
伯濟はその一国であろう。
大者萬餘戸 小者數千家
大きい国は一万余戸で、小さい国は数千家。
各在山海閒 地合方四千餘里
各々山と海の間に在り、その地を合わせると四千余里四方。
東西以海為限 皆古之辰國
東西は海で限られ、皆が古えの辰國である。

 
 で、不彌国が軍事国だとすると、例の?日田市に古墳を残して消息を絶った日下部氏の存在がクローズアップされ、稲荷山古墳出土鉄剣の製作者である可能性も高くなるワケですが、今回は割愛します。

 要点は、不彌国の軍人は伊都国によって派遣された可能性が高く、しかも?「多模」=「タバ」という官位名は、魏のルーツといわれる「鮮卑」の「拓跋部」の「タバ」を連想させます。

拓跋部 – Wikipedia

 
 それはさて措き、歴史の大きな流れを俯瞰するに、古代日本は中国の支配下にあったと書きましたが、この中国による支配の始まりこそが…

弥生時代

…の始まりであり、現代日本人としてこの事実から目を背けることはできません。というか?縄文人と弥生人(中国人)の…

国家意識が決定的に違っていた

…ということであり、縄文人は弥生人の持つ「国家ヘゲモニー」に呑み込まれたということです。

 それは取りも直さず縄文人が遅れた文明しか持ち得なかったからであり、「自然との調和が云々…。」などという戯言は今の時代だから言えることであって、文明において縄文人は劣っていたことを素直に認めければならず、弥生人によってもたらされた文明があってこそ、現代の日本が築かれたということです。

 しかしソレはソレ。過去の既得権益を綿々と享受する特権階級の存在も、「人間回帰」という新しい時代のうねりのなかでは過去のものとなり、過去の遺恨を乗り越え日本を再生する時代に、既に突入しているとワタシの目には映る次第です。はい。

 歴史の真実を知ることは…

革命よりも革命的だw!

…という話。

 今回はこれにて。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告