ガッカリしててもはじまらない

 あれだけ明快な判断材料がありながら、都民は小池候補を都知事に選んだワケですから…

改憲希望!

…というコトなんでしょう…orz

正直、ガッカリw!

…ではあるワケですが…

ガッカリしててもはじまらない

…のが現実。

 前回の参議院選挙では、いくつかの県民がその理性を示してくれましたが、都民が理性を取り戻すにはまだ時間がかかるというコトなんでしょう。

 「東京から日本を変える!」なんて当分無理っぽいにしても、じつは「真の変革」は中央からではなく、辺境からはじまるのが歴史の教訓だったりするワケで、ガッカリするのは仕方ないにしても、諦めたらそこで終わりという話。

第十二条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 すべての人が飢えや戦争や圧政から解放され…

人間が、人間らしく生きる

…という、当たり前のことができるその日が来るまで、原発の再稼動に反対するひとたちや、沖縄のひとたちの心に寄り添いながら…。

 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告