二千年ぶりのグローバル災害

 つい先日イタリアで大きな地震があり、イタリアの原発は大丈夫なのか気になったので調べてみました。
 
【地図】世界の原子力発電所からの【距離】
World Nuclear Power Plant Range Map 2013
 

 
 今回大きな被害が出たイタリア中部、ラツィオ州アマトリーチェの町は赤い印の位置になり、幸い原発とは離れているようでヨカッタですw。直近のラティナ原発は約150km離れていて、先日の熊本地震で大きな被害が出た益城町と、鹿児島の川内原発の間の距離にほぼ相当します。

 日本では地震で福島第一原発が前代未聞の大事故を起こし、原発の危険性が周知されたことで国民は「脱原発」を望むようになったワケですが、同じく地震国のイタリア国民ははその辺どうなんですかね?
 

川内原発即時停止を 三反園知事、九電社長に申し入れ
南日本新聞 (2016 08/27 06:30)

 鹿児島県の三反園訓知事は26日、県庁で九州電力の瓜生道明社長と面会し、川内原発(薩摩川内市)の運転一時停止と再点検をするよう求める要請書を手渡した。三反園知事は、熊本地震で原発への住民の不安が高まっているとして、「二度と原発事故を起こしてはならない。直ちに定期検査ではない特別な検査をしてほしい」と強調、即時停止を求めた。国の新規制基準施行後、知事が稼働中の原発停止を要請するのは全国で初めて。

 知事に原発を止める法的権限はないため、九電の今後の対応が焦点となる。当初の計画通り10月6日に川内原発1号機の定検を始めるためには、1カ月前までに申請が必要なことなどから、九電は9月初旬までに回答するとみられる。

 三反園知事は面会で、熊本地震による不安を払拭(ふっしょく)するため、川内原発を直ちに停止し点検・検証することや、原発周辺の活断層の調査を強く要望。加えて避難用車両の確保など避難計画に対する支援、県民が不信感を抱かないような情報発信方法など、九電側に改善策の検討と報告を求めた。

(記事全文は27日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

 
 ところで?誤解を招くかもしれませんが…

原発と天皇

…ってナンとなく似ているように思うワケです。そのココロは…

多重防護壁が肝心

…というコトで、原発の安全性を確保するには何重もの事故防止措置が求められるワケですが、電力会社のあまりに自己中的な防災対策及び、それを是とする規制委員会。その判断に異を唱えたのが、先の大飯原発、高浜原発運転差止め判決です。

 川内原発にしても、深刻な事故が発生した場合に対応の拠点となる免震重要棟の設置が規定されていたにも係らず、九州電力は免震重要棟の建設を後回しにして川内原発を再稼動し、なおかつ規制委員会もそれを追認しており、安全性が確保されないままに…

大きな地震はこないだろう

…という楽観的というか?無責任な判断で再稼動してしまったワケです。

 さらに残念なのは、司法も電力会社側に立ち再稼動を是認してしまったワケで、まったくスジが通らない判決に…

どうして裁判官に差があるのか?

…と思わずにはいられません。法の前にすべての国民は平等であるハズなのに、大飯、高浜原発の周辺住民と川内、伊方原発の周辺住民の間には、「見えない司法の壁」でもあるかのようですw。

 一方天皇は、その皇位の継承に関して「皇室典範」で細かく規定を設け、謂うなれば「多重防護壁」によって皇位の継承が途絶えることの無いようにしているのに、「直系」に拘ったり、「女帝」の話を持ち出したりと、「多重防護壁」を無効化するようなことばかり言われています。よね?

 ま、そういうワケで、原発も天皇も…

多重防護壁が肝心

…なのは一緒という話。

 イタリアの地震の話に戻ると、イタリアだけでなくここ最近世界中で地震が発生しています。「ハザードラボ」というサイトから、この2ヶ月間に発生した世界中の地震を拾い上げると…
 
第1報:イタリア中部ペルージャでM6.2 ローマから約100キロ
2016年08月24日 11時14分
 
オーストラリア北東部でM5.7
2016年08月18日 16時32分
 
第1報:南太平洋ニューカレドニアでM7.6発生 津波のおそれは…?
2016年08月12日 11時45分
 
インドネシアのスンバワ島でM5.8発生
2016年08月01日 10時24分
 
マリアナ諸島でM7.6の地震 丸森町などで震度2
2016年07月30日 06時32分
 
チリ沖でマグニチュード6.3 津波発生のおそれは?
2016年07月27日 12時02分
 
パプアニューギニア沖でマグニチュード6.4 津波の心配なし
2016年07月26日 15時03分
 
オホーツク海南部でM5.5の地震 函館市などで震度2
2016年07月23日 10時08分
 
エクアドルでM6.3 地震相次ぐ 4月の巨大地震の余震止まぬ
2016年07月11日 14時17分
 
朝鮮半島南部でM4.9の地震 長崎対馬市で震度2
2016年07月05日 20時38分
 
…となり、加えて日本でも日常的に地震が発生しています。上記以外にも…
 
ミャンマー中部で強い地震発生
ミャンマーニュース 2016-08-25 22:00
 
インドネシア沖でM5,8地震発生
sputnik 2016年08月25日 00:12(アップデート 2016年08月25日 07:04
 
河北省唐山市、マグニチュード3.2の地震が発生
中国国際放送 2016-08-22 11:53:21
 
ペルー南部の銅生産地でM5.3の地震発生、少なくとも4人死亡
ロイター 2016年 08月 16日 00:56 JST
 
米カリフォルニア州でM5.0の地震
sputnik 2016年08月10日 13:24(アップデート 2016年08月23日 20:52)
 
バヌアツ沖で地震発生 M5,8
sputnik 2016年07月26日 18:21(アップデート 2016年07月26日 20:42)
 
…といった地震ニュースが報じられており、日々の忙しさにかまけてほとんどのニュースに注意を払っていないでしょうが、地震は人間の都合に関係なくある日、突然やって来るワケで、ま、運悪く都市部が地震に見舞われたら相当数の人が亡くなることは確かで、アナタも?もちろんワタシも?犠牲者の一人になると覚悟しておいたほうがイイでしょうなw。

 で、こうした地球規模のグローバル災害は、いまから2千年前(ローマ帝国が存在し、中国が後漢の時代だった頃)にもあったコトが、『後漢書』につぶさに記録されており、このグローバル災害が世界各地の民族移動を誘発し、その余波で極東の「倭の国」にも様々な民族が渡来し、「日本書紀」に書かれた「大八州国」の礎が築かれたのではないか?という話になるワケです(ワタシのなかでは)。

 いずれにせよ、二千年ぶりに地球が大きく変動するのであれば、人間もそれに合せて備える必要があるというコト。というか?もし人類の存亡に係るような事態になる可能性があるとしたら…

戦争なんてやってる場合か!?

…という話であり、なおかつ…

カネ勘定してる場合か!?

…という話。

 重要なのは先ず生き残ることであり、そのための食糧確保が最優先課題となるワケで、それには食糧生産の基盤となる自然環境の保全が急務であることは誰にも自明なハズ。

 ならば自然環境を放射性物質で汚染する原発は、事故如何を問わず人間にとって有益なものか?有害なものか?も、また自明なハズ。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告