アメリカ国民はWW3を望んでいるのか?

 何度でも繰り返しますが、ワタシがトランプ新大統領(仮)を支持しているのは…

ロシアとの関係改善

…を明確に表明しているからで、すでに多くの人に周知されていますが$$団の生みの親とも言えるクリントン氏が大統領になれば、シリアでの「テロとの戦い」においてアメリカ+EU(NATO)はロシアと対峙することになり、ひいては第3次世界大戦にも発展しかねない危険性が多分にあるからです。

 もしくは混乱が拡大すればさらに多くのシリア国民が「対テロ戦争」の戦禍に巻き込まれることになるでしょうし、また第3次世界大戦ともなれば、戦時下では「我が身可愛さ」から多くの人は利己的になるもので、それこそ「弱者」へのいたわりの気持ちも薄れるんじゃないの?え?

 「弱者」へのいたわりの気持ちがあるのなら=正常な理性を備えているのなら、何が一番に優先されるかなんてスグに分かりそうなものなのに、トランプ新大統領(仮)反対デモをニュースで見るにつけ…

アメリカ国民は第3次世界大戦を望んでいるのか?

…とその理性を疑わざるを得ないワケです。
 

米首都およびNY、学生たちが授業欠席し「反トランプ」デモ
2016年11月16日 18:59 発信地:ワシントンD.C./米国

【11月16日 AFP】米首都ワシントン(Washington D.C.)で15日、学生数百人が授業を欠席して、大統領選で勝利した共和党のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏に抗議するデモを行った。

 大統領選でのトランプ氏の衝撃的な勝利以降、米国各地で同氏に抗議するデモが行われる中、同日、首都ワシントンでは数百人の学生たちが、リンカーン記念館(Lincoln Memorial)と連邦議会議事堂の間の長い芝生の広場を行進し、その後ホワイトハウス(White House)に集結した。

 デモに参加した学生たちが手にしたプラカードには「愛を広げよう」「私の黒い肌は美しい」などのメッセージが書かれていた。

 またニューヨーク(New York)でも同日朝、土砂降りの雨の中、高校生数百人がトランプタワー(Trump Tower)前で抗議のデモを行った。

(c)AFP/Maggy Donaldson, with Catherine Triomphe in New York

 
 こうしたデモに参加している人たちは自分が「理性的」だと自負しているのでしょうが、ワタシから言わせれば…

物事の優先順位が分からない愚か者

…です。キツイようですが。

 アメリカ国民以外の多くの国の国民が、これでアメリカとロシアの関係は改善され第3次世界大戦の危機が遠退くだろうと、トランプ新大統領(仮)の誕生に胸を撫で下ろしているハズ。ワタシもそのひとりなワケですが、なのに好戦的な…

クリントン、カムバwwwック!

…というのは勘弁して欲しいという話。

 ま、クリントン氏以外の選択肢も考えられますが、ワタシが知る限りでは「ロシアとの関係改善」を明言しているのはトランプ新大統領(仮)ただ一人。

 となると、第3次世界大戦を望まない世界中の国民がトランプ新大統領(仮)を歓迎するのは当然であるのに、それをアメリカ国民自身が世界を戦争の惨禍に巻き込もうと=引きずり込もうとしているワケですよ、ワタシの目からすれば。

それでイイのか?アメリカ?

 こんな簡単なことすら分からないアメリカの知性って…

ナンだかなw?

…という話で、ある意味アメリカの理性(知性)の劣化を表しているようで、「恥を晒している」ようなものでしょ?

 それとは別に、トランプ新大統領(仮)の誕生は金融市場にとっては「ショックドクトリン」であり、早い話が少なくとも12月19日までは「トランプショック」で金融市場は荒れることが予想されますが、ま、99%の一般市民にとっては…

それがどwした?

…という話で、「平常心」を乱されないよう、お気をつけくださいw
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告