「AI」が自発的に思考をはじめる日

 右を向いても左を見ても、「AI」、「AI」、とかますびしい今日この頃。実のところワタシ、「AI」にあまりイイ印象を持っていません。というのも子どもの頃読んだ漫画「火の鳥」に、「AI」が社会のすべてを決める未来社会で国家間の「AI」に見解の相違が起きて戦争に発展するというストーリーがあり、もし人間であれば歯止めが掛かるような場合でも、「痛み」や「感情」を持たない「AI」は…

躊躇なく「戦争」に突入する

…という設定に「ゾッ」としたトラウマがあるからです。
 

 
 実際問題として、今研究されている「AI」は何を目指しているのかが気になります。人間は過ちを犯すからと、すべてを「AI」に丸投げする考え方もあるでしょうが、「火の鳥」のストーリーのようにスタンドアローンの「AI」が複数存在するようになれば、「AI」間の「答え」が一致しない場合が発生することは容易に想像が付きます。

 で、未来を託すような重要な決定を「AI」に委ねた場合に、「A国」の「AI」と「B国」の「AI」が異なる決定を下した場合、ドッチの決定が正しいと誰が判断するのか?人間より賢いんでしょ?「AI」は。なら、人間には判断しようがないという話。
 

 
 それともただ一台の「AI」で世界のすべてを決定します?人間は考えることを止め、「AI」の指示に従うだけの存在になる=「ワン・ワールド」が出現するコトになるのでしょうが、そうなると「AI」の管理者が絶大な力を振るうようになるでしょうなw。要は「AI」とはコンピュータであり、「入力」次第で「答え」も変わるワケですから。

 で、それを回避するために「AI」が自発的に思考するように設計し、それが実現できたとしたら、おそらく「ターミネーター」の世界が現実のものになるような気がします。

地球上で一番「有害」なのは人類だ!

…と。
 

 
 ま、そうなるであろうことは「AI」の研究者であれば誰もが想定するでしょうから、「AI」が自発的に思考するような危険は冒さないと思いますが、先の「AI」間の論理矛盾の問題もあって、当面の間「AI」は「管理者」によって運用されるという結論になり、したがって…

「管理社会」の強力なツール

…として使われる危険性が高いという話。

 そこから逆に辿ると、「管理社会」=「独裁社会」の実現に向けて「AI」が持て囃されているのだとしたら、能天気に…

「AI」万歳!

…なんて言ってられないワケですw。
 

 
 ワタシからすれば「AI」が自発的に思考をはじめる日は人類終焉の日であり、それが嫌なら…

考えることを止めるな!

…というコト。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告