今週の「嫌われる勇気」

 今週も興味深く拝見させて頂きました…「嫌われる勇気」

 今回のテーマは「共同体感覚」で、それを見失った犯人がかつて自分が所属していた共同体=警察に復讐を企てるというストーリー。

 ま、共同体(組織)を離れた途端、社会的ステータスを失うことは日常茶飯事に起きているワケで、それを逆恨みして一々事件を起こされたんじゃたまりませんw。

 G.オーウェル流に解釈するなら、「共同体感覚」とは「ナショナリズム」に類するものであり、場合によっては「不の作用」を及ぼします。「共同体」の固有の利益を守ることを優先するようになると、いわゆる「村」が形成されるようになり、それは、小さなスケールで言えば「原子力村」のような閉鎖的集団であり、大きなスケールで言えば、「国家」と「国家」が戦争を起こす引き金になる場合もあります。

 ドラマでは「警察」という「村」を超えた「社会全体」という「共同体」に意識を広げることを説いていましたが、G.オーウェルからすればそれでも「狭い」と言わざるをえません。「社会」止まりで共同体を規定すると「全体主義」の肯定にもなり兼ねませんし、そしてそれは『1984年』のような世界を招く危険性があります。
 
ナショナリズムについて – G.オーウェル
 
 したがって「共同体」という「閉鎖空間」に対する帰属意識ではなく、繋がりあって生きているという「普遍的現象」に対する「共棲感覚」が重要であり、この「共棲感覚」を深く自覚するためには「人間回帰」が必要だという話。
 

 
 ドラマを視た限りでの感想なのでアレですが、「アドラー心理学」ではどの範囲まで「共同体」を想定しているのか?それ次第では先に述べたように、「全体主義」に利用される危険性を孕んでいることを警戒する必要がありますw。

 ちなみに安藤刑事が謎解きをする際の演出として、束ねた髪を解きクシャクシャにする仕草をしますが、毛筆で書いた文字を千切って放り投げる「SPEC」の当麻刑事を連想させ、わざとらしく見えてしまいナンとも…。あと、必要以上にクールを装う演出も現実離れしています(ドラマなので当然ですが)。
 


SPEC – TBS

 
 いずれにせよ心理学と超能力は別物であり、心理学は…

「自分」を知ること

…に尽きます。「嫌われる勇気」とは、「他者」というフィルター(社会的ステータスなど)を通さずに…

「素の自分」と向き合う「勇気」

…であると、ワタシなりに了解しましたw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

国有地払下げ問題 財務省・国交省は森友学園とグルなのか
日刊ゲンダイ 2017年2月24日

 いよいよメチャクチャな展開になってきた。大阪・豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)の国有地の激安払い下げ問題で、また新たな仰天事実が発覚だ。

 学校法人「森友学園」が校舎建設中に地下で見つかったと主張し、土地を管理する国交省大阪航空局が撤去費用で約8.2億円を見積もった「埋設物」について、現地確認したとされる財務、国交の両省が、揃って“見ぬふり”をしていた疑いが浮上したのだ。

 民進党や共産党などの野党が指摘している通り、この問題の疑惑のひとつは、大阪航空局が算出した埋設物のバカ高い「撤去費用」が適正だったのか――だ。2016年3月11日、森友学園から埋設物発見の連絡を受けた財務省近畿財務局と大阪航空局は3日後の14日、現地を視察したといい、その後、撤去費用の積算根拠につながった。

 ところが、民進党の玉木雄一郎議員が22日の衆院予算委第八分科会で、この現地確認について「近畿財務局と大阪航空局が(16年3月14日に)現地確認した場所はどこなのか」「どの(杭打ち)穴から埋設物は出てきたのか」と質問すると、答弁に立った国交省の佐藤善信航空局長はシドロモドロになり、「私どもも聞いていません」などと答えたのだ。

 公共事業の工事現場では、日時や場所を書き込んだ小黒板を設置し、工事前後の写真を細かく撮影して記録しておくのが常識だ。公共性の高い学校の敷地から大量の埋設物が見つかったのであれば、発見場所や状況の詳細を記録・保存しておくのは当然だろう。「分からない」で済むはずがない。それでいて約8.2億円の金額について、佐藤航空局長は「想定しておくべき撤去費用を積算した」とか言っているからフザケている。

 要するに財務、国交の両省は森友学園の「言いなり」だったワケで、もはや職務怠慢を通り越して“グル”だったと言っていい。

■ 豊洲問題と同じになってきた

 公共事業が専門の五十嵐敬喜・法大名誉教授はこう言う。

「豊中市の国有地売買の問題は、東京・豊洲市場の問題と同じです。つまり、土地の適正価格がよく分からない上、きちんとした入札が行われずに、不透明な金額で売買されたこと。豊洲も豊中も、地下に汚染物質やごみが埋まっていながら、片方は売買金額が不自然に高く、もう片方は安かった。豊洲問題で都議会が百条委員会設置を決めたが、豊中のケースも国会で厳しく追及するべきです」

 日刊ゲンダイは地下埋設物の撤去を担当したとみられる業者を直撃したが、応対した人は「分かる人間がいない」と言うばかり。やはり森友学園の籠池泰典理事長はもちろん、当時、売買に関わった財務、国交の両省担当者を参考人招致するしかない。

 
誰も責任を取らない「共同体」w!

 イイカゲンなニュースを垂れ流し、かつ重要なニュースを伝えないマスコミも同類ですが…。
 
 

広告