はい、来たw!

 民主党(現在は民進党ですが)に期待するなんて…

無駄無駄無駄w!

…と何度も繰り返しているワタシですが、どこぞのパープリン漫画家は野田ブw幹事長をして…

国士だ!

…などと持ち上げていて、このザマ。
 

天皇退位、特例法制定へ=民進幹事長が容認表明-国会、17日にも提言
時事 2017/03/13-19:40

 天皇陛下の退位を可能にする特例法が、今国会で制定される見通しとなった。皇室典範改正による恒久制度化を主張する民進党の野田佳彦幹事長が13日、特例法を容認する意向を表明、各党の足並みがそろうめどが立ったためだ。衆参両院の正副議長は、今の陛下を対象とする特例法で対応すべきだとする提言を17日に取りまとめる方針。政府はこれを受け、5月の大型連休明けに法案を提出する。

 衆参議長らの提言案は、政府方針と同様、陛下の退位を特例法で認めるとともに、皇室典範の付則に特例法の根拠規定を盛り込む内容。民進党が典範改正を主張していることを踏まえ、典範の付則に「退位」の文言を明記するよう政府に求める。

 大島理森衆院議長ら衆参両院の正副議長は13日、各党代表者の全体会議を15日に開いて提言案を提示し、17日に了承を得たいとの考えを各党に伝えた。この後、野田氏は記者会見で、特例法について「いろんな事情を書き込み、先例になることは、実質的には皇室典範改正の議論になっている」として、容認する考えを表明。民進党は15日に全議員懇談会を開き、意見集約に入る。

 正副議長との協議で、自民、公明両党は退位が強制的でないことを明確にするため、陛下のご心労や国民の理解と共感など一連の経緯を特例法に明記すべきだと提唱。安定的な皇位継承に関しては、自公が「政府に検討を遅滞なく進めることを求める」と提言に盛り込むよう要請したのに対し、民進党は「国会議論を速やかに開始し、1年を目途に結論を示す」ことを求めた。

 退位を認める法形式について方向性が固まったことで、今後の焦点は退位の時期や陛下の退位後の呼称、役割、生活費などの制度設計に移る。政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は22日に会合を再開し、3~4回にわたって制度の在り方について議論を重ね、4月21日に最終提言を公表する段取りを描いている。(2017/03/13-19:40)

 
 各党の足並みが揃うって…

共産党もかw!?

 共産党の底の浅さが見えたわw。それにしてもこの期に及んでなお…
 
わしは野田幹事長を信じている。
 
…だと。

ア・ホ・か?

 「撤退」を「転進」と言い換える「旧日本軍」のメンタリティーそのもの。こんな輩が「言論の徒」を気取っていられる日本の言論界なんて、キツイようですが…

クズだわ…orz
 
カジノはTPP絡みじゃないの?
2016年12月18日
 
 少し前に「幣原先生から聴取した戦争放棄条項等の生まれた事情について」という資料を公開しましたが、当該資料によれば「9条」と「天皇制」は表裏一体であり、日本が「戦争」を放棄することで「天皇制」は純粋に「象徴」となり、強硬な天皇制廃止論の戦勝国を丸め込むことができたワケで、したがって「尊皇」を自負する国士であれば、「9条」をも尊重しなければならないというのが「スジ」。しかるに…

「似非国士」のなんと多いことか。

 「天皇制」が、純粋に「象徴」であること=国政に関与しないことが担保されているのが重要であり、それは視点を換えれば…

国政は天皇制に関与しない

…というコトでもあります。つ・ま・り、「皇室典範」という皇族の私事に国政が首を突っ込むのは…

「象徴」の純粋性を汚す

…ことに他ならないワケです。そしてそれは、過去天皇制廃止論を唱えた戦勝国に、ふたたび天皇が軍隊を動かすのではないか?という不安を呼び覚ますものであり…

天皇を国の元首に戴く

…という自民党改憲案は、まさにそうした不安に対して「どストライク」だという話w。

 天皇の血筋だとか、「男系」「女系」だとかは、大きな視野に立てば「天皇制」の内側の問題であり、根本的な問題は「天皇制」の象徴性を守るコトにあります。なぜならそれ故に敗戦後も「天皇制」が温存されたワケですから…。

 そして、「天皇制」が単なる象徴に過ぎないことを「担保」する意味で「9条」が認められたのですから、クドイようですが「尊皇」を自負する「国士」であれば「9条」をも尊重して当然という話。

 ま、「軍拡競争」なんて「ギャンブル依存症」のようなもので、故幣原総理が「戦争放棄」を…

負けた日本だからできること

…と見抜いたのは流石です。いわば負けがこんだギャンブルの引き際を自覚するようなもので、勝っていたら「ギャンブル」=「軍拡競争」からは下りられませんw。

 早い話が…

正気に戻った

…というだけの話で、日本以外の国はいまだに「ギャンブル」=「軍拡競争」中毒なワケですから…

笑っちゃうねw!

…という話。

 いずれにせよ、「皇室典範」は皇族の私事であり、国政が口を出すのはスジ違いであり、なおかつ、「天皇制」の象徴性を危うくし、ひいては「天皇制」そのものを危うくしているだけです。

口先だけの「愛国者」に騙されないようにw!
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告