この革命に指導者はいない

 お彼岸なんで墓掃除をしてきました。気の早い親戚の花がすでに手向けてあり、早めに掃除しておけば良かったと少し反省。

 ま、月一で草取りはしているので、荒れ放題というワケじゃありませんがw。

 にしても、墓地の入り口に置かれた六地蔵に、お米がテンコ盛りで供えられてたのにはビックリw。

 で、夜何気にテレビを視ていたらNHKスペシャルでシリア内戦を扱っていたのですが…

まwww酷い!

 政府軍 vs 反政府軍という解説のみで、政府軍が一方的に一般市民を攻撃したという構図を組み立てていましたがチョット待ってくださいよ?

反政府軍=イスラム国($$団)でしょ?…orz

 視るに耐えない偏向ぶりにチャンネルを替えました。

受信料返して欲しいわw!

 その後民放を視ていたら、「IQ246」でトボケた刑事を好演していた女優の土屋太鳳が…

暇なときは墓参りします

…とMCの質問に答えたので…

イイ娘やw。

…と感激した次第。ジジイなもんで。

 ちなみに墓地のざっと二割くらいは、ワタシの一族の墓が占めているんじゃないかと?ブッチャケ地元では名の通った一族で、歴史にもその名を残しているので、子孫としてはご先祖様に恥を掻かせるような真似はできませんw。
 
NHKの番組「ファミリーヒストリー」の調査力がガチ過ぎる
NAVERまとめ 更新日: 2015年07月24日
 
 ウチのご先祖様は変わり者だったのか、既得権益のようなものは一切残しませんでした。したがって子孫もピーピーしているワケですが、それはそれで良かったのではないかと?

子孫のために美田を残さず

…という諺がありますが、残された美田=既得権益を守ろうとするのが「支配層」の慣わしであり、いわば「日本会議」もそうした既得権益を守ろうとする…

歴史的支配集団

…であり、大きな視野で見れば安倍(歪)首相でさえ「日本会議」の「駒」に過ぎず、当の「日本会議」すら、そうした歴史的支配集団の一局面に過ぎないという話。

 最近「日本会議」が表立って叩かれるようになりましたが、おそらく別な歴史的支配集団とのパワーバランスが変化したものと思われ、加えて「天皇」という「玉」の奪い合いが、昨今の「皇室典範」をめぐる動きにも見られるのではないかと?

 敗戦で無条件降伏したコトにより、こうした歴史的支配集団を一掃する機会もあったワケですが、連合国が日本を統治するのに利用したので現在まで生き長らえているという話。

 そうした経緯を日本国民は知らず(知らされず)、歴史にも無頓着であるが故に自らの力で歴史的支配集団を排除することもできず、したがって「民主主義」も確立されませんw。

 歴史的支配集団の根は深く、そして全国にまたがっています。だ・か・ら…

地元から日本を変えよう!

…と繰り返し述べているワケですw
 

 

韓国の弾劾は世界革命の一部のようなもの
Sputonik 2017年03月11日 14:26(アップデート 2017年03月11日 19:37)
 

 
韓国の朴槿恵大統領の弾劾は、世界で起こっているあらゆる出来事とどのような関連があるのだろうか?リベラル・グローバリズム勢力のほぼ至る所での崩壊、リーダーたちの大規模な選挙、始まった革命的時代などと、どのような関連があるのだろうか?

韓国の政治危機はまだ終わっていない。賄賂を理由とした政府に対する大規模な暴動がある。その理由はまず、朴大統領の政治に関する決定に友人である崔順実被告が影響を及ぼしたということであり、崔被告には約7000万ドルの賄賂容疑がかけられている。
朴氏から何らかの決定を得たいと望む人は誰でも、崔被告の財団に寄付することができ、その資金がどこへ消えるかは崔被告が決めることだった。

ここで言ってしまうが、これは容疑にすぎない。窃盗容疑が政治と密接につながっている時、そのような話の時はいつも疑いを持つ必要がある。

近年「汚職」に関する叫びが様々な場所で大衆の起爆剤としてあまりにも頻繁に利用されたが、このような容疑が信用を呼ぶのは非常に稀だ。

これは外国人あるいは米国人がそこに寄付をして民主党政権から好意を得ることができたクリントン財団の話と似ている。これは民主党の失敗においてその役割を果たした。

革命の時代とは、人々が新聞を読んだり、新たな時代の到来を感じて大衆があらゆる手をつくしてたくさんの国で同時に政権を倒す時のことだ。1917年の2月から10月にロシアで起こった出来事の「世界史的役割」はフィクションではない。これらの出来事は大勢の人々を奮い立たせた。

 
 「革命」はロシア(ソ連)の専売特許とでも言いたげな結びですが、「革命」を肯定するコト=「ツァー(皇帝)」を否定するコトになりませんかね?
 
「ロシアの声」アーカイブから人気番組:これがロシア!ロマノフ王朝
sputnik 2016年05月12日 16:28
 

 
ええっ!ドッチなんでいっ!

 ま、それはそれとして、「世界革命」とやらが進行中だとしても…

この「革命」に指導者はいませんw。

 大きな「意識のうねり」が世界を覆いつつあるのだとしたら、それはひとりひとりの意識の変化=「目覚め」によるものであり…

自灯明的な生き方

…が広まりつつあるからだと思われますw。
 
自灯明的生き方のススメ
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正
朝日デジタル 水沢健一2017年3月20日08時54分

 文部科学省が学習指導要領の改訂案で「聖徳太子」「鎖国」など、歴史上の人物や出来事などの表記を変えたことに対し、「教えづらい」「わかりにくい」などの批判が集まり、同省が一転、元に戻したり、復活させたりすることがわかった。こうした修正を反映した新指導要領は今月末に告示される。
 
聖徳太子、教科書で表記変更は妥当? 国会で論戦に

 文科省は15日まで、改訂案についてパブリックコメントで意見を募ったが、特に不評だったのが聖徳太子の表記。改訂案では、小学校で「聖徳太子(厩戸王(うまやどのおう))」、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」としていた。学会などの歴史研究を踏まえたもので、小学校ではよく知られた「聖徳太子」を、中学校では史実を重視して「厩戸王」を前に出した。ところが、「小中で表記が異なると教えづらい」といった声が相次ぎ、国会でも「連続性がなければいけない」「歴史に対する冒瀆(ぼうとく)だ」と批判された。

 このため、文科省は小中とも「聖徳太子」に戻し、中学の指導要領では「古事記や日本書紀で『厩戸皇子』などと表記され、後に『聖徳太子』と称されるようになったことに触れる」と加えることにした。

(後略)

 
 続きはログインして読んでもらうとして…

文部科学省は「日本会議」の言いなり

…てコトですね?それにしても言うに事欠いて…

歴史に対する冒涜

…とは…

開いた口のアゴがはずれるわw!

 間違った歴史を教えることのほうが、よっぽど「歴史に対する冒涜」なんじゃないの?え?

教師が教えづらいから

…なんて教師の勝手な都合であり、そんな理由で教科書はつくられるワケ?え?

正しいことを教える

…のが教師なんじゃないの?え?

 ま、文部科学省は別名「天下り斡旋省」なのアレですが、現場の教師には教育者としての矜持を持って欲しいものですw。
 

文科省違法天下り、新たに17件 計27件、職員16人が関与
東京新聞 2017年2月21日 夕刊

 文部科学省の天下りあっせん問題で、松野博一文科相は二十一日午前、全容解明調査の中間報告を発表し、新たに国家公務員法違反の天下りあっせん関連事案十七件を確認したことを明らかにした。再就職等監視委員会が既に違法認定した十件と合わせた二十七件のうち二十六件には、辞職した前川喜平前事務次官や人事課職員ら計十六人が関与したことも判明。報告では、再就職規制導入後の歴代人事課長にも「重大な責任があった」として処分を求めており、松野氏は追加の処分を検討する。

 新たに違法が確認された十七件は、上智大や筑波大などに対する情報提供など。前川氏が同省職員を通して学校法人甲子園学院に対し、OBの嶋貫和男氏(67)の連絡先を提供した事例もあった。文科省元幹部が嶋貫氏の仲介で慶応大参事に再就職したケースは、同省幹部の「了解」がなかったとして、「違反行為は確認できなかった」とした。

 調査では、監視委に毎年、再就職情報を届け出る際、嶋貫氏の名前を出さないようにする対応が記された隠蔽(いんぺい)マニュアルのようなメモが見つかり、同省は嶋貫氏を介した再就職あっせんへの問題意識を持ちながら、組織的に続けてきたことが裏付けられた。メモは二〇一五年三月に作成されたとみられる。

 また、嶋貫氏を中心とする脱法的なあっせん体制についての引き継ぎ文書が作られており、中間報告では「遅くとも二〇一〇年七月ごろには存在したと推測される」と指摘。文書は、複数の人事課任用計画官のメールに添付されているのが見つかったという。

 また監視委が既に違法認定している十件のうち九件の詳細も公表された。残りの一件は、一連の問題のきっかけとなった同省元高等教育局長が早稲田大へ再就職した事案。

 監視委は三十八事案について違法性を指摘し、既に違法認定した十事案を除く二十八事案について、文科省に詳しい調査と報告を求めていた。

 松野氏は自身直轄の調査班を設け、約三千人の現役職員や約五百人のOBを対象に違法事例の全容解明を進めている。中間報告の段階で、違法認定されていない十一件についてもさらに調べ、三月末をめどに最終報告を行う。

<天下り規制> 国家公務員法は(1)現役職員が同僚やOBの再就職をあっせん(2)現役職員が在職中、補助金や許認可などで関係のある企業・団体に求職活動をする(3)企業・団体に再就職したOBが離職後2年間、出身省庁に契約などで口利きをする-を禁じている。内閣府の再就職等監視委員会は2013~16年の文部科学省の再就職事例を調べ、違法事例10件と違法の疑いがある事例28件を確認、1月20日に公表した。文科省は事務次官ら7人を懲戒処分。事務次官は辞任した。

◆ 文科省職員らの国家公務員法違反行為などの個別事案38件

 

 

文科省天下り 新たに30件超 内閣府職員も判明
毎日新聞2017年3月18日 11時31分(最終更新 3月18日 11時49分)

天下りあっせん問題に関しての記者会見で、中間報告をする松野博一文科相の影が落ちる看板=東京都千代田区で2017年2月21日午前9時6分、北山夏帆撮影

国家公務員法違反は約60件に

 文部科学省の組織的な天下りあっせん問題で、新たに30件超が国家公務員法に違反していたことが関係者への取材で分かった。これまでの判明分と合わせ、違反は約60件にのぼる。文科省は政府の再就職等監視委員会に21日に報告。関係職員の処分方針などについて了承が得られれば、今月末に公表する方針。

 新たに判明した違反の中には、文科省人事課職員が昨年、元外交官の男性(64)の経歴に関する情報を外務省から入手したうえで東京外国語大特任教授への再就職をあっせんしたケースや、内閣府から職員の情報を入手し別の国立大に紹介した例が含まれるという。

 また、元文科省スポーツ・青少年局長が昨年4月に埼玉県の私立大学長に再就職した際、人事課職員が大学側と連絡を取っていた。この元局長は2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場、新国立競技場の建設を担当。総工費の増額による計画撤回で更迭され、15年8月に辞職していた。

 調査結果を受けて発表される懲戒処分には、あっせん行為に直接かかわった職員だけでなく歴代の官房長や人事課長など幹部職員も含まれる見通しで、過去に例のない規模の大量処分となりそうだ。

 現職の国家公務員による再就職のあっせん行為などは、08年12月施行の改正国家公務員法で禁止された。他省庁の職員のあっせん行為も同様に禁じられている。

 監視委や文科省のこれまでの調査では、文科省の元高等教育局長が早稲田大教授に就いた事例など、13年以降で27件の違法が確認された。

 一連の問題を受け、自身もあっせんに関与した前川喜平・前事務次官が1月に辞職。文科省は弁護士ら外部有識者を交えた調査チームを設置し、現役職員やOBら計約3500人を対象に書面調査を実施するなど全容解明を進めている。【佐々木洋】

 
 文部科学省の「天下り」は何も今にはじまった話じゃありませんw。
 

「天下り受け入れ私大」ワーストは日大・早稲田
My News Japan 佐々木奎一 01/10 2010


私大「天下り事務職員」ワースト20

 文部科学省の官僚OBが私立大学の「職員」として天下っているケースを独自調査したところ、152大学に計576人が天下っていることがわかった。なかでもワースト1位は日本大学の26人、2位は早稲田大学の24人で、慶應5人、上智3人と比べても突出して多い。いずれも私学助成補助金が114億、92億と多く、事実上、税金が役人の雇用対策に使われている。受け入れてしまう側の「貧困なる精神」も深刻で、私学らしい「在野の精神」のかけらも見えない。役人の天下り先に成り下がったダメ大学は学ぶ場としても不適切だが、民主党政権は現状、私大への助成金付き天下りについて何も手を打っておらず、公約の「根絶」とは程遠い。

 
自浄能力「0(ゼロ)」

 はやい話が…
 
権力を握ったヤツらが好き勝手やっている
 
…だけであって、こんな腐った連中が「教育者」ヅラしているうえに、内閣府=安倍(歪)政権に首根っこを抑えられている状況じゃ、例の小学校の問題も起こるべくして起きたようなもので…

子どもたちが不憫だわw!
 
 

広告