闘うキミのことを、闘わないヤツらが笑う

奇特な裁判官もいたもんだw!

…と、感心。
 

<ひったくり防止カバー>不良品訴訟で裁判官異例の「実験」
毎日新聞 4/17(月) 12:41配信

 ひったくり防止カバーのボタンが固すぎて取り付けられない--。大阪府警が防犯キャンペーンで配った自転車のかごのカバーを巡り、不良品を仕入れたとして支払いを拒否された業者が、イベント会社に約340万円の支払いを求めた訴訟が、大阪地裁で和解した。不良品かどうかが争われた訴訟は、裁判官らが計200枚ものカバーを開けたり閉めたりする異例の「実験」を繰り返した末に決着した。
 
 
◇ ボタン不良 イベント会社と業者が和解

 和解は3月22日付。訴訟記録などによると、キャンペーンは2014年秋、パチンコ業者らでつくる組合が主催。組合の委託を受けた大阪市内のイベント会社が、同市内の業者にカバー約2万5000枚を発注し、業者は中国から仕入れた。

 カバーはビニール製で、自転車の前かごにかぶせ、底部のボタンで固定する仕組み。上部は巾着袋のように閉じ、ひったくりを防ぐ。府警が警察署などで無料で配ったところ、利用者から「ボタンが固すぎて外れない。うまく付けられない」などと苦情が殺到した。イベント会社が代金の支払いを拒み、業者が15年1月に提訴。イベント会社もカバーの作り直しと回収の費用がかかったとして157万円の損害賠償を求めて反訴した。

 裁判では、「ボタンを外せるかどうか」で両者が対立。40代の男性裁判官と30代の女性書記官が約3時間かけて100枚ずつ実験したところ、問題なく外せたのは裁判官が71枚、書記官が60枚。

 3割以上が不良品という結果は原告の想定以上だったといい、裁判官の提案で両者が訴えを放棄する和解に応じた。

 府警によると、大阪府の昨年のひったくり件数は806件で、6年連続の全国ワースト1位。自転車の走行中に被害に遭うケースが多く、防犯カバーの需要は高いという。【遠藤浩二】

 
 裁判官が「公平」に対応したからこそ、原告と被告は和解に応じたワケで…

白黒ハッキリさせようじゃねえか!

…という気概に恐れ入ったのかも知れませんw。

 翻って、原発再稼動容認の判決が相次いでいますが、その根拠は電力会社の「安全神話」=原書力規制委員会の「お墨付き」という、およそ自己の良心に基づく判断を放棄したものであり…

そんなものが裁判と呼べるのか?

…と。
 

そして、裁判長は飛ばされた 高浜原発再稼働「差し止め仮処分はけしからん」 最高裁・高裁のお偉方は原発が大好き
週刊現代 2015年04月28日(火)

 再稼働寸前の原発を差し止める決定が下った。しかし、歴史的な決断をした裁判官は、その席を追われることに。法の番人として愚直に公正中立を貫く。その理想は現在の司法では通用しないのか。…

(中略)

“豊かな国土とそこに国民が生活していることが国富であり、これを取り戻せなくなることが国富の喪失だ。”

(中略)

その身を賭した一人の裁判官の決断を、我々は忘れるべきではない。

 
 以前にも書いたコトですが、原発の安全性を裁判官が判断するには原子力規制委員会と同等か、それ以上の知見を備えていることが前提として求められるハズ。

 しかるに再稼動を容認した裁判官は、原子力規制委員会および電力会社側の「安全神話」のみを一方的に酌量しているワケです。

 原告(再稼動反対)=シロウト、被告(再稼動推進)=プロフェッショナルという判断基準に照らしているのでしょうが、そのプロフェッショナルを信じてきた結果が…

福島第一原子力発電所事故

…に結びついたというコト。
 

 
 したがって原発の再稼動を容認した裁判官の判断は失当であると言わざるを得ませんし、再稼動を容認した全国各地の地方自治体およびその首長にしても同じコト。
 
玄海原発再稼働容認の決議案 佐賀県議会が可決
NHK NEWS WEB 4月13日 13時00分
 
原発再稼働に弾み 大阪高裁、高浜の運転容認
日本経済新聞 2017/3/29 0:52
 
伊方原発差し止め認めず 広島地裁、仮処分申請却下
2017/3/30 15:02
 
 そうしたなか、新潟県は正気を失っていないようです。
 

柏崎刈羽原発「再稼働の必要性ない」 新潟知事が都内で講演
東京新聞 2017年4月17日 朝刊

…九州電力川内(せんだい)原発の再稼働を容認した鹿児島県の三反園訓知事が「原発を止める権限はない」と話した点については、「『権限がない』というのでは、困る。法的にも、知事には住民の安全を守る義務があり、東電と新潟県が結ぶ協定を根拠に、運転停止を求められる」と説明した。

 東電福島第一原発の事故対応費用で、民間シンクタンクが最大七十兆円と試算したことに、「もう一回事故が起きれば、人も、お金も対処できなくなり、日本が終わるというのを肝に銘じるべきだ」と、原発再稼働に疑問を投げかけた。

 
 先の大阪の裁判官のように、「自ら確かめる」という気概も無く、いわゆる「ヒラメ裁判官」が自らの良心などかなぐり捨て「出世」、「保身」に汲々としているのが…

日本の司法の現実

…だというコト。
 

司法が露骨に原発再稼働を後押し! 大阪高裁「反動判決」の意味 再稼働容認がドミノ倒しのように…
現代ビジネス 2017.04.01 明治大学教授/元裁判官 瀬木 比呂志

2月28日、大阪高裁は、高浜原発稼働を差し止めた大津地裁の仮処分決定をあっさりと取り消し、関西電力に再稼働を認める決定を出した。

実はこうした動きをピタリと予見していた小説がある。司法の「闇」を描いて話題の『黒い巨塔 最高裁判所』(瀬木比呂志著)だ。ここに描かれた近未来予測が、いままさに現実のものになろうとしているのだ。

それもそのはず、作者の瀬木氏は元エリート裁判官。一般にはうかがい知ることのできない司法の世界、そして裁判官という人種を知り抜いている。これまでも、日本の裁判所と裁判のいびつな構造を次々に告発してきた。

そこで今回の大阪高裁の決定をどう読み解けばよいのか、瀬木氏に緊急インタビューした。彼は、今後、原発再稼働を容認する判断がドミノ倒しのように続く可能性が高いと悲観的な予測をする。
 
 
■ 原発事故前に逆戻り

―― 昨年3月、大津地裁(山本善彦裁判長)が、滋賀県の住民が、関西電力高浜原子力発電所3、4号機の運転差止めを求めた仮処分申請を認め、原発の稼働を差し止める仮処分を出しました。

しかし、大阪高裁は、この画期的な決定を簡単に覆しましたね。

瀬木さんは以前から、原発稼働差し止めを認める判決・決定はむしろ例外的なもので、福島第一原発事故後の司法、政治、「空気」がこのまま変わらないならば、今後は国、電力会社寄りの判断が増える可能性が高いと予想されていました。結果的に瀬木さんの予測が当たったわけですね。

瀬木 『黒い巨塔』においては、架空のパラレルワールド小説という形で、原発訴訟の方向についての一つの詳細なシミュレーションを提示したわけですが、どうも、現実の流れは、そのまま小説をなぞっているような気がしますね。

原発に反対する人々は、大阪高裁の担当裁判官はこれまで比較的リベラルな判決を出してきたとして、高裁でも差止めの判断が維持されることをと期待していたようですが、私は、かなり懐疑的でした。

福島第一原発事故以降、司法研修所で、原発訴訟についての裁判官研究会が2回開催されています。

1回目は、原発事故から約10ヵ月後の2012年1月です。この研究会では、事故前の原発訴訟のあり方が世論に強く批判されていたことから、電力会社寄りの露骨な誘導はなく、むしろ、世論の猛反発に、ある程度統制の手綱をゆるめるような方向が示されていました。

しかし、これからさらに1年余り後の、2013年2月に行われた2回目の研究会では、強力に「国のエネルギー政策に司法が口を差し挟むべきではない。福島原発事故以前の最高裁伊方原発訴訟判決の枠組みにより、しかし、より『ていねいに』判断すべきだ。ことに仮処分については消極」という方向性がはっきりと打ち出されています。

僕の入手している資料でも、シンポジウム形式のパネラー発言者(講師)である学者等の氏名が黒塗りされているのですが、名前を出したらその学者等の評価はたちまち地に墜ちるだろうと思われるような露骨な、国、電力会社寄りの誘導発言をしている人が大半なのです。

また、1回目の研究会とは異なり、裁判官たちの発言は限られ、講師らの発言に迎合的なものが多いです。

こうした研究会の結果、ことに1回目のそれと2回目のそれの落差については、原発訴訟を担当している裁判官たちも当然承知しており、最高裁の態度が「運転差止め消極」の方向に定まったのは、ヒシヒシと感じているはずです。

報道された決定要旨を読む限りでは、大阪高裁の決定は、2回目の研究会の方向に沿うもの、最高裁の意向を汲んだものになっています。

福島第一原発事故後のそういう方向の判断の集大成という感がありますね。大筋は、「原子力規制委員会の新規制基準に適合していれば再稼働は問題ない」というロジックです。新規制基準の合理性まで一応判断しているところが「ていねい」ということなのでしょう。

つまり、「最高裁の伊方判決の判断枠組みに戻り、国の判断に合理性があるか否かという観点から審査を行う。被告側は安全性について一応の立証を行えば足りる。判断自体はていねいに行うが上記の判断手法は変えない。新規制基準が不合理だと立証する必要は原告側にある。ことに仮処分については消極」というロジックですね。

それを集大成している。

―― 『黒い巨塔』では、最高裁長官が「原発は止めん。それがわしの意志だ!」と断言して、露骨かつ巧緻な誘導工作を強力に展開してゆきますが、リアルワールドでは、私たちは、最高裁内部でどのような議論が行われているのかはわかりません。

しかし、客観的事実を見る限り、大阪高裁決定は、最高裁の意向に沿ったものとなっているようです。まさに瀬木さんが小説世界で想定されていたとおりですね。

瀬木 今回の高裁判断は、差止めを認めた地裁判断についての初の高裁判断、しかも東京高裁と並ぶ大高裁の判断ということで、私も非常に注目していましたが、やはり、差止め消極方向のものでしたね。

差止め判断が高裁で覆ったことで、今後の原発訴訟の方向性にも暗い影が差した印象です。
 

 
 
■ 露骨な人事で現場に圧力

―― 今後、ドミノ倒しのように同様な判断が相次ぐのでしょうか?

瀬木 その可能性もありますね。

―― 最近の最高裁は、瀬木さんが『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』で詳細に分析されたとおり、権力、原発訴訟でいえば政権や電力業界におもねるような露骨な誘導を行っているように感じます。

瀬木 かつての最高裁には、権力との間に一定の緊張関係を保っている部分もあったと思うのです。しかし、2000年代以降は、より直截的に権力におもねり、むしろそれを利用するような方向性が出てきていますね。

―― そうですね。典型的なのが、最高裁事務総局に勤務した裁判官に原発訴訟を担当させた2015年の人事です。

瀬木 はい。高浜原発についての、福井地裁の樋口英明裁判長によるもう一つの差止め仮処分(2015年4月)を取り消した決定(同年12月)に至っては、異動してきた3人の裁判官すべてが、最高裁事務総局勤務経験者だったのには、本当に驚きました。

これが偶然的なものだとしたら、宝くじ上位当選レヴェルの確率です。実に露骨

これまでにも、最高裁は、内部の人間、それも最高裁の内情や権力の仕組みをよく知っているような人間にしかわからないようにカモフラージュした巧妙な人事や議論誘導で、裁判官や判決をコントロールし続けてきましたが、こと原発訴訟については、外部の人間でも一目でわかるようなストレートかつ乱暴な人事を強行する傾向があり、この人事はその典型です。

メディアがこれを批判しないのもおかしいですね。

―― ネットでは、ある弁護士が、今回の判決を出した担当裁判官は次期大阪地裁所長になる可能性もある人物だと予想しています。こうしたポジションにある裁判官がもし差止め判断を出せば、その後の出世を棒に振る可能性がありますね?

瀬木 差止めの判断を出せば、人事面で不遇になるのは避けられないでしょう。大地裁の所長や高裁長官にはまずなれないでしょうね。

福井地裁の樋口裁判官は、大飯原発差止め判決を出して名古屋家裁に異動になり、異動の直後に、職務代行で高浜原発差止めの仮処分を出しました。

樋口裁判官のこの異動は、この人のこれまでの経歴を考えれば、非常に不自然です。地裁裁判長を続けるのが当然のところで、急に家裁に異動になっているのですから。

キャリアのこの時期に裁判官が家裁に異動になる場合は、いわゆる「窓際」的な異動の例が多いのです。また、そういう裁判官については、過去の経歴をみても、あまりぱっとしないことが多い。

しかし、樋口裁判官の場合には、そういう経歴ではなく、この家裁人事は、「青天の霹靂(へきれき)」的な印象が強いものだと思います。

―― 瀬木さんがおっしゃったとおり、第一に地裁の裁判の現場から引き離す、第二に見せしめによる全国の裁判官たちへの警告、という2つの意図がうかがわれますね。

瀬木 はい。この人事の本質は、全国の裁判官、とりわけ原発訴訟担当裁判官に対しての、はっきりとした「警告」でしょう。

この異例の人事のもつ意味は、どんな裁判官でも、ことに、人事異動や出世にきわめて敏感な昨今の裁判官ならなおさら、瞬時に理解します。原発稼働を差し止める判決、仮処分を出すような裁判官は、人事面で報復を受ける、不遇になる可能性が高いのだと。

その名前が広く知られ、支持されることになった先の樋口裁判長でさえ、しかも直後の異動で、それをやられているのです。こうした状況で、差止めの判決、決定を書くには、自分の未来を賭す覚悟が必要です。
 
 
■ 「絶望の最高裁判所」が作り出す絶望の連鎖

――今後は、差止め判決、決定はもう出なくなるのでしょうか?

瀬木 原発事故の前後を通じ、これまでに差止めの判断を行ってきたのは、いわゆる東京系の裁判官たちではない、また、勇気ある人々です。

そういう人々もまだ存在するとは思いますから、皆無になるとまでは思いませんが、難しくなることは確かでしょう。いわゆる官僚裁判官では、絶対に差止め判決は書けませんからね。

原発訴訟に限った話ではありませんが、定年の65歳までもうそれほど長い任期は残っていない50代半ばくらいより上の裁判長でないと、広い意味での「統治と支配の根幹」に関わるような裁判について勇気ある判決が出しにくい。これだけは、日本の裁判所の厳然たる事実です。

―― 原発差止めの裁判(判決、決定)についても、いずれ最高裁で新たな司法判断が下ることになると思いますが、いかがでしょう。

瀬木 司法研修所で行われた2回目の研究会の内容や、原発訴訟をめぐる裁判官人事から推測すると、最高裁で差止めが認められる可能性は、きわめて低いといわざるをえないでしょうね。

そして、やがて、原発再稼働を正面から認める最高裁判決が出れば、それに反する判断はさらに出しづらくなるでしょう。

日本の原発の構造は基本的に同じで、立地や技術上の問題点も共通していますから、原発が違っても、司法判断を下す上での基本的な考え方、法的な枠組みや論理構成はほぼ同じなのです。

したがって、差止め判決が高裁や最高裁でオセロゲームのように覆されるのを目の当たりにすれば、気概のある裁判官でも、現状に絶望して、差止めを認容する判決、決定をしなくなるかもしれません。

―― まさに「絶望の裁判所」ですね。大阪高裁の決定は、原発訴訟の分水嶺となる重要なものと思われますが、メディアや世論の反応はかなり鈍いようですね。

瀬木 福島第一原発事故から6年が経ち、鮮烈だった記憶も薄らいできているのでしょうか。山本七平氏のいうところの「空気」が変わってきた。メディアも、判決の要旨と反対派の意見を淡々と紹介する程度です。

最高裁は、今回の大阪高裁の判断が世論からどのように受け止められるのか、固唾を呑んで見守っているはずです。
 
 
■ 勇気ある裁判官を見殺しにするな

―― もし、特段の反発もないようであれば、今後は、原発再稼働を認める判決、決定を次々に出すように誘導していく可能性もありえますね。その意味で、今はきわめて重要な時期だと思うのですが。

瀬木 はい。世論やメディアの批判が必要ですね。

僕は、原発に関しては、推進派、反対派などといった二項対立的な図式で色分けして考えるべきではないと思っています。

唯一の問題は、「日本の原発が、まずは間違いなく安全であるといえるか。再び悲惨な事故を起こさないといえるか」という問いであり、この問いに明確にイエスといえるような状況ができているか否かだけが、問題だと思います。

僕自身、元裁判官の学者ですから、そうした観点から、また、白紙の状態から、客観的に、この問題を考えてきました。

そういう検討を経て、僕は、福島第一原発事故は、日本の原発に関するずさんな安全対策、危機管理の結果としての人災という側面が大きく、また、その原因究明も不十分、にもかかわらずなし崩しの再稼働への動きが進んでいるというように、現在の状況をみています。

また、原子力規制員会の新規性基準が「日本の原発が、まずは間違いなく安全である」といえるほどに厳格なものなのかにも、疑問を抱いています。

「全電源喪失は30分以上続かない、日本では過酷事故は起こらない、日本の原発の格納容器は壊れない」などという、欧米の知識人が絶句してしまうような日本の原子力ムラの「常識」は、はたして根本的に改められたのだろうかということです。

(了)

 
 因みに、ワタシとしては「安全」の定義として、「事故」の発生に関わる部分、事故が発生した場合の「被害の大きさ」、そして平時の「環境への影響」の、すべてを含むものと考えていますw。

 にしても…

合理性と安全性は別問題ダロw!

 原発再稼動問題にしろ、安全保障問題にしろ、憲法問題にしろ、森友学園問題にしろ、そのどれもが「重大な問題」であるのにマスコミは「ひとつの問題」を集中的に取り上げる傾向にあり、それにより他の問題への関心が薄められしまう結果を引き起こします。そしてそれが…

マスコミの狙い

…でもあるという話。
 

 
 「フェイクニュース(嘘ニュース)」が取り沙汰されていますが、情報を操作、撹乱するには…

肝心な事を報道しない

…という方法もあるワケで、この方法であれば…

「嘘」をついているワケではない

…ので、「マスコミ」は臆面も無くそれをヤレるという話。

 したがってニュースを読むときは…

「書いてある」コトではなく、「書いてない」コトを読み取る

…という「メディアリテラシー」が求められますw(豆)。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!