気になるニュース

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 岐阜県や福井県で奇妙な事件が発生中w!
 

学校史の切り取り、福井でも多数 県立図書館、所蔵の1割強に被害
福井新聞 (2017年5月4日午前7時00分)


ページが破られたり切り取られたりする被害に遭った福井県立図書館の学校史=3日、福井市の同館

 岐阜県などの図書館で学校史のページが切り取られていた問題で、福井県立図書館(福井市)でも県内の小中高校の学校史計93冊がページを破られたり、切り取られたりしていたことが3日、分かった。児童生徒の集合写真や学校生活の記録写真を掲載した部分で、被害は計786ページに及んでいた。坂井市立三国図書館、鯖江市図書館でも同様の被害が確認されている。

 県立図書館は、小中高校の学校史357タイトル891冊を所蔵しており、うち1割強が被害に遭っていた。2015年12月に利用者の指摘で一部被害が発覚したため、ほかの学校史も調査し、今年3月までに全容を確認した。

 同図書館によると、被害に遭ったのは1968~2014年に発行された93冊で、敦賀高の創立60年史、勝山高の創立30年史、丸岡高の創立100年史など。集合写真や部活動などの様子を収めた写真が、ページごと破られたり、引き抜かれたりしていた。集合写真のうち2人分だけがカッターで切り取られたものもあった。一冊の被害が複数ページにわたるケースも多く、美方高10年史は約50ページが切り取られていた。

 学校史の一部は貸し出し対象になっている。被害発覚を受け、16年3月にすべての学校史を郷土資料コーナーから書庫に移した。切り取りの目的や時期は分かっていない。被害に遭った学校史は、各校が保管する冊子の該当ページをコピーするなどして修復を進めている。

 坂井市立三国図書館では、小学校と高校の学校史や記念誌計4冊の約20ページで、1970年ごろから90年ごろにかけての部活動の写真や卒業生の集合写真などが切り取られていた。いずれも2008年ごろまでは2階の郷土資料室に置いてあり、自由に閲覧できたという。

 鯖江市図書館では、1984年発行の鯖江中の移転記念誌が、校庭で体操する生徒などのカラー写真を収めた巻頭の1ページをカッターのような刃物で切り取られていた。県立図書館の所蔵分も同じページが無くなっていた。

 県立図書館の江端美喜子館長は「学校史は貴重な資料であり、発行部数が限られていてもう購入もできない。心ない行為はやめてほしい。県民共有の財産と理解して大事に読んでもらいたい」と訴えている。

 

学校史の集合写真切り取り、岐阜 県図書館130ページ被害
福井新聞 (2017年5月1日午後5時29分)


集合写真が切り取られた岐阜県図書館の蔵書(同図書館提供)

 岐阜県は1日、県図書館(岐阜市)で所蔵している県内の小学校や中学校の学校史や記念誌など10冊から、計約130ページが切り取られていたと発表した。県図書館によると、集合写真のページが多い。県警が器物損壊容疑で調べている。

 切り取られていたのは、昭和40年代から平成初期にかけての入学式や卒業式、運動会の集合写真など。カッターのような刃物で切られていたり、破られたりしているという。10冊は館内では閲覧できるが、貸し出しは禁止されていた。

 県図書館によると、4月28日に書架を整理していた非常勤の図書館司書が気付き、同日、県警に被害届を出した。

 

愛知の図書館でも切り取り 学校史75冊被害
福井新聞 (2017年5月2日午後7時48分)


一部が切り取られた愛知県図書館所蔵の学校史=2日午後、名古屋市

 愛知県と名古屋市は2日、県図書館(同市中区)や3カ所の市立図書館が所蔵する小中学校や高校の学校史や記念誌計75冊で、一部が切り取られたり、破られたりしていたと明らかにした。県は県警に被害届を提出する方針。岐阜県の図書館でも同様の被害が見つかっている。

 愛知県によると、県図書館で被害に遭ったのは閲覧可能な状態にあった学校史や創立記念誌約600冊のうちの68冊。ページごと破り取られたり、クラスの集合写真や体育大会の写真などが切り抜かれたりしていた。

 名古屋市の鶴舞中央図書館(昭和区)で5冊、千種、瑞穂両区の図書館ではそれぞれ1冊ずつ一部が切り取られていた。

 
 先ず考えられるのは、県をまたいだ事件であるコトから…

大掛かりな組織の関与

…が疑われるというコト。そして…

愛知、岐阜、福井に共通するものは何か?

…という疑問が湧きますw。

 まるで『1984年』に書かれた「記憶の穴」=過去の消去が行われているかのようですが、その目的は何なのか?

教育行政に対する恨みとか?

何がしかの証拠の隠滅とか?

 ま、一見平穏に見える日常の水面下で何かが起きているのでしょうが、現状では何とも言えませんw。

 ちなみに多摩地区ではカーブミラーが割られるという事件が多発しているワケですが、ニュース映像を分析…とまではいきませんが地図上に落し込んでみると、武蔵村山市のケースでは、学校が集まっている地域で多くのカーブミラーが割られています。

 つ・ま・り、学童、生徒が交通事故に遭遇する危険度が高まるコトになり…

明確な悪意を感じる

…という話。
 

カーブミラー損壊 東京・武蔵村山市でも
TOKYOMX NEWS (事件・事故 – 2017年5月2日 18時30分)
 

 
 東京・立川市や国分寺市で市道のカーブミラーが壊される被害が相次ぐ中、武蔵村山市でも同様の被害が相次いでいることが市への取材で分かりました。

 武蔵村山市によりますと3月23日、三ツ木2丁目の住民から「カーブミラーが割られている」と通報があり、調べたところ、周辺の6カ所のカーブミラーが割られているのが見つかりました。近くに住む人は「何かおかしいと思ったら(割れていた)。あっちもこっちも随分あるんだってね。みんなが困っちゃう。割れているとよく見えない」「やっぱり怖い。誰がやるんだか分からない。何かを投げたのでは」などと話していました。

 市は東大和警察署に被害届を提出しましたが、その後も被害は続き、4月20日までに合わせて18件、被害総額は80万円に上ります。市によりますと、カーブミラーの交換は在庫が乏しく、作業が始まるのは連休明けになる見込みです。

 警視庁は立川市や国分寺市で見つかった被害との関連についても調べを進めています。

 

 
 残念ながら多摩地区では街頭の防犯カメラはさほど普及していないので、先の我孫子市のベトナム人女児誘拐殺害事件のようにカメラ映像から犯人を割り出すのは困難であり、したがって残るは「地道な聞き込み」もしくは「目撃者探し」になるワケですが、人手が掛かる捜査にどれだけの人員を避けるかが「早期解決」の鍵かと?

事故、事件が起きてからでは遅い!

…というコトを、警察関係者には肝に銘じていただきたい次第。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

 カーブミラー損壊事件の犯人?が逮捕されたようですが…

イマイチ腑に落ちwん!
 

カーブミラー損壊容疑、男逮捕=よじ登りバールで-警視庁
時事 2017/05/06-15:47

 東京都立川市などでカーブミラーの鏡面部分が相次いで割られた事件があり、警視庁立川署は6日、器物損壊容疑で住所不定、無職河野剛容疑者(47)を逮捕した。同署によると、黙秘しているという。

 逮捕容疑は3月23日午前1時10分ごろ、同市幸町の路上に設置された市所有のカーブミラー(5万円相当)をバールでたたき割った疑い。

 同署によると、4月26日未明、同町を巡回していた署員が、周囲を物色するように自転車を押して歩く河野容疑者を発見。ドライバーを所持していたことから特殊開錠用具所持禁止法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 その後、割られたカーブミラー周辺の防犯カメラに映った男の画像を見せたところ、「これは私です」と認めたため再逮捕した。画像を切り出した映像には、男がミラーの柱によじ登り、約3メートルの高さにある鏡面の中央部分にバールをたたきつける姿が映っていたという。(2017/05/06-15:47)

 
 先ず犯人?の年齢が47歳でしょ?イチイチよじ登ってミラーを割る体力があるワケ?それで一晩に何枚のミラーを割るワケ?

 ま、カーブミラー損壊事件は春先から発生しているので、地道にコツコツと割っていたのかもしれませんが、だとすると…

そのモチベーションはどこからくるのか?

…がヒジョwに気になります。よほど「深い恨み」か何かに突き動かされているか、もしくは「仕事」じみた感覚がなければ…

長期にわたり…広範囲で…コツコツとカーブミラーを割る

…なんて行為を続けられないように思うワケですw。

 ちなみに犯人?の姓=「河野」は、事件が発生した武蔵村山、立川、国分寺(北多摩地区)ではローカルな苗字であり、ニュースでは住所不定としていますが地元民である可能性が高く、だとすると、当該地域内における何らかの内輪揉めが事件の背景にある可能性も考えられますw。

 ところで我孫子市ベトナム人女児誘拐殺害犯も「黙秘」を続けているそうですが、「黙秘」を続ける理由としては、誘導もしくは強引な尋問によって自分に不利な証言をしないように身を守るのがひとつと、もうひとつは…

「共犯者」の存在を隠し通すため

…という理由が考えられますw。