だめだコリャ…。

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 「豊洲新市場」絡みで都議会の体質を批判しまくった本人が、「密室」で事を決める「隠蔽体質」だったとは…orz。
 

<小池知事>豊洲移転最終判断 記録なし ブレーンと協議
毎日新聞 8/5(土) 7:00配信

 東京都の市場移転問題で、小池百合子知事が公表した豊洲市場(江東区)と築地市場(中央区)の双方に機能を残す「豊洲移転・築地再開発」の方針について、財源や運営費などを検討した記録が残っていないことが、毎日新聞の情報公開請求で判明した。都職員は「知事が外部有識者でブレーンの都顧問らと協議をしたため記録がない」と説明。数千億円規模の巨大プロジェクトの最終判断が「密室」で下され、その資料も存在していないという。知事が改革の「一丁目一番地」とする情報公開も軽視された形だ。

 市場移転を巡っては、公開で実施された庁内組織の「市場のあり方戦略本部」が、6月15日に築地跡地を売却して豊洲整備費を工面する案と、築地を民間に貸して賃貸料を整備費に充てる案を、具体的な金額の試算とともに提示した。

 小池知事は戦略本部の案をそのまま採用せず、市場を豊洲に移転し5年後をめどに築地を再開発する豊洲移転・築地再開発の方針を発表。方針には再開発の財源や両市場の運営費などの試算、明確な根拠を盛り込まなかった。そのため請求では「方針決定までの検討過程の記録」の開示を求めたが、都は「参考資料に該当するのは戦略本部の会議資料で、都のホームページで公表されている」と却下。どのような試算や議論を基に方針を決めたのかを示す記録が存在しなかった。

 こうした事態について、側近の一人は「戦略本部と並行した外部有識者との協議で、豊洲移転・築地再開発案が検討されていた」と証言。戦略本部を公開しながら、記録に残らない協議を経て事実上、方針が決まったとした。小池知事は毎日新聞に「最新の情報なども組み入れながら出した政策的な判断だ」と答えたが、別の側近はブレーンとの協議が最終判断につながったことについて「知事は役人を信用していない」と説明した。

 小池知事は「豊洲市場の地下に盛り土をしないと決定するまでの議論が文書化されていなかったことは問題」とし、6月7日閉会の都議会定例会に、重要なことは決めた経過も文書で明らかにすることなどを定めた「公文書管理条例案」を提案。条例案は可決され、方針公表直後の7月1日に施行されている。【林田七恵、森健太郎】

 
 都知事の椅子を手に入れるために、知事選の最中は有権者の味方のようなフリをしていただけの…

詐欺師じゃん!
 


速報! 都民ファーストの小池都知事は、自民党を離党していなかったことを、IWJが自らの取材で確認! 記事公開日:2017.6.29

 
 なんとなく詐欺師じみた目をしてるわw(主観)。小池知事を見損なったという某区議の心配が的中したという話w。
 

私が「都民ファースト」を応援できない理由。
青木かの(中央区議) 月島日記 2017年06月07日(水)

…私は「都民ファーストの会」を、応援できません。

私の考えが変わったのではなく、小池さんが変わったのです。…

…私が共感した小池都知事の公約だった

「情報公開」

「過程の見える化」

「組織との闘い」

これらがすべて放棄されています。

今の都民ファーストを、私は応援することができません。…

 
 ま、ワタシはもとから信用していませんでしたケドね。なんせ「小泉劇場」に騙されて懲りてますから…はい。

 恥ずかしい話ですが、アノ頃のワタシはマスコミの情報に踊らされていた、いまでいう「ネトウヨ」のような未熟者でしたw。

 で、騙された自分に恥じ入り、その恥を受け入れ、自分の頭で考えるコトにした次第w。
 

現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱(せいじやく)な自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

「戦争責任者の問題」 – より

 
 安倍(歪)首相は、来る臨時国会での憲法改正案提出は見送るようなコトを言っていますが、おそらく嘘でしょう。これもやはり…

「改心」したようなフリ

…をして国民を油断させる(騙す)のが狙いかと?現在の政権が長く持たないのは本人も自覚している上で…

歴史に名を残す

…という「野心」ためにはどんな手でも使ってくるハズ。したがって「解散」する気なんてサラサラありませんw。
 

安倍首相、改憲日程こだわらず=解散、年内含め模索か
時事.com 2017/08/04-00:04

 安倍晋三首相は3日の記者会見で、秋の臨時国会に自民党の憲法改正案を提出し、2020年に新憲法を施行するとの目標について、「一石を投じたが、スケジュールありきではない」と述べ、必ずしもこだわらない考えを示した。首相は「しっかり国会で議論し、党主導で進めてほしい」とも述べ、党内の論議を見守る姿勢を示した。年内の衆院解散・総選挙については「白紙だ」と述べ、可能性を排除しなかった。

 解散時期をめぐり、首相は欧州訪問中の先月9日、ストックホルムで同行記者団に「考えていない」と述べていた。首相は、衆参両院で3分の2を占める改憲勢力の賛同を得て、来年の通常国会で改憲案を発議。来秋の総裁選で3選後に衆院解散に踏み切り、改憲の国民投票と衆院選の同時実施も視野に入れた日程を描いていた。

 3日の首相発言は、東京都議選の惨敗とその後の支持率急落を受け、改憲日程に柔軟な考えを示すと同時に、年内も含め解散時期を慎重に探る考えを示したものとみられる。

 これに関し、首相側近の萩生田光一幹事長代行は同日、改憲に関する首相発言について、東京都内で記者団に「臨時国会で(提出)と一度公言しているので、軌道修正した」と指摘した。

 一方、学校法人「加計学園」をめぐる問題で野党が求めている閉会中審査について、首相は「国会から求められれば政府として対応していくのは当然だ」と語った。臨時国会の召集時期については、来年度予算編成や法案準備などの状況を踏まえ決定する考えを示した。(2017/08/04-00:04)

 
 もっとも、憲法改正の原動力となっているのは「日本会議」であり、安倍(歪)内閣が解散したからといって安心できるワケではなく、その後に続く輩が必ず現れます。例えば小池都知事とか?

 今後も雨後のタケノコのごとく、「改憲」を口にする輩がワラワラ登場するのは覚悟するにしても、くどいようですが…

まずは日本国憲法に則った政治を実行する

…のが優先であり、その上で不備があったなら「改憲」というのが…

「スジ」

…だという話。でしょ?江戸っ子のみなさん?

敵は味方のフリをする。

…という「名セリフ」のドラマもありましたなw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

通信602「マスメディアが書けない籠池家の実像」
大袈裟通信 2017年08月01日
 
 

広告