ゼウスってば、とんでもねwなっ!

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 「アマゾネス」って、トロイの神話に出てくる女神「アマツオーネ」が原型になっていると、「九州王朝説」を唱えた古田武彦氏は講演で述べているワケですが、いまのところその真偽は確認していません。
 

ワンダーウーマン、大論争に 国連職員ら「過剰に性的」
朝日デジタル 藤えりか 2017年9月12日11時45分


映画「ワンダーウーマン」の一場面(C) 2017 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC – DUNE ENTERTAINMENT LLC

 「強い女性像」とはなんなのか。公開中の米映画「ワンダーウーマン」が、記録的ヒットの裏で論議を呼んでいる。女性スーパーヒーローの描き方をめぐり、米国では、主人公の露出度の高い姿を大物監督が批判。日本では、アイドルグループ「乃木坂46」が歌うイメージ曲に違和感を訴える声が相次いだ。

 東京・新宿歌舞伎町で8月に開かれた「ワンダーウーマン」の試写会イベント。パティ・ジェンキンス監督(46)も登壇、台風のさなか、アメリカン・コミックス(アメコミ)から抜け出たようなコスプレ姿であふれた。20代の女性ファンは「問答無用に強くて、かっこいい」と話した

 「ワンダーウーマン」は「強い女性像」を追求したアメコミ初の「女性スーパーヒーロー」。映画は女性参政権運動のうねりが起きた第1次世界大戦下を舞台に、女性の登場に難色を示されながらも主人公が軍法会議に乗り込み、自ら暗号を読み解き、戦地に赴く。

 6月に米国で公開されると、「女性アクション映画、かつ女性監督の作品は売れない」というハリウッドの通説を覆し、最初の週末の興行収入が1億325万ドルと首位に。ロサンゼルス映画批評家協会のクラウディア・プイグ会長は「女性初の米大統領の誕生を見られずに落胆した人たちが、トランプへの対抗心から支持した」と分析する。

 一方で、「強い女性像」をめぐり、大物監督を巻き込んだ議論も起きている。

以下省略

 
 そんなワケで、「アマツオーネ」についてググッていたら思いもかけないコトを発見。
 

トロイア戦争 – Wikipedia
 
原 因

この戦の起因は、『キュプリア』に詳しい。大神ゼウスは、増え過ぎた人口を調節するために、秩序の女神・テミスと試案を重ね、遂に大戦を起こして人類の大半を死に至らしめる決意を固めた。…

 
なにw!?

 まるで「第三次世界大戦」を画策している「連中」の頭の中と一緒。いわば「連中」は…

神を気取っているワケだw!

 さらに遡ると、メソポタミアの叙事詩『アトラ・ハシス』とよく似ているそうで、「連中」の思想は何千年もの時にまたがる伝統的なモノだというコト。
 

 
 大昔の国家は城壁に囲まれた都市国家であり、収容可能な人口は当然限定されることから先のような…

住民の間引き

…が考えられたであろうコトは想像に難くありません。で、そうした「点」と「点」の関係だった国の意識を変えたのが…

アレキサンダー大王

…だったという話。
 
ヘレニズム – Wikipedia
 
 アレキサンダー大王の大遠征(大冒険)の結果ギリシャ文化がアジアにも伝わり、西と東の文化交流が盛んになると城壁を越えた世界観が芽生えます。そして「国」の意識も「点」から「面」へと広がり、国に属する住民=国民の許容範囲=人口の制限もほぼ取り払われて…

住民の間引き

…は必要なくなったワケですが、それでも便利な生活や富を求めて都市部に流入する人は、現代のように多かったハズ。ひと言でいうと…

都市=人間の欲望が集る場所

…であり、そうした場所では必然的に争いも起こるだろうという話。

 ま、それはそれとして、「住民(人間)の間引き」という思想は少なくとも一般市民=大衆から生まれる発想でないコトは確か…

自分が間引かれるかも知れませんからw!

 というコトは?支配者側の思想であるコトは明白。でしょ?
 

 
 そしてこの事実は、いま現在「第三次世界大戦」を画策している「連中」にしても同じコトが言えるワケですw。

 「優生学」も同じ思想の別バージョンであり、「優性」か「劣性」かを決めるのは「連中」だという話。
 
アレキサンダー大王の家庭教師
2011年10月9日
 

 
ざけんなよっ!戦争なんてまっぴら御免w!
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告