トム・ぺティに捧ぐ

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 66歳か…まだ若いでしょ?ブルースマンなんてジジイのほうが燻し銀の貫禄があったりするワケで、トム・ぺティもそうした大御所の仲間入りが出来たハズなのに急逝してしまい残念ですw。
 

Rebels (1985年)

Honey don’t walk out, I’m too drunk to follow
出て行かないでくれハニー、二日酔いで足はフラフラだ
You know you won’t feel this way tomorrow
こんな暮らし今日でオサラバする気にせよ
Well, maybe a little rough around the edges
ま、たぶん少しは心が痛み
Or inside a little hollow,
小さな空洞ができるだろう
I get faced with some things, sometimes
時には、オレも揉め事に出くわすんだ
That are so hard to swallow, hey!
我慢ならない事に…

I was born a rebel, down in Dixie
オレは生まれつきの反逆者、ディキシーの片田舎の
On a Sunday morning
礼拝日の朝
Yeah with one foot in the grave
片足を棺桶に突っ込み
And one foot on the pedal, I was born a rebel
もう片足でペダルを漕ぐ、生まれつきの反逆者
 
 
She picked me up in the mornin’, and she paid all my tickets
朝オレを引き取りに来て、違反切符の罰金をすべて払うと
Then she screamed in the car
彼女は車の中でわめき散らした
Left me out in the thicket
いいかげんにして欲しいと
Well I never would of dreamed
オレは思ってもみなかった
That her heart was so wicked
彼女がそんなに嫌がっていたなんて
Yeah but I keep comin’ back
でもまた同じ事をしでかすんだ
Cause it’s so hard to kick it, hey, hey, hey
どうしようもない…

I was born a rebel, down in Dixie
オレは生まれつきの反逆者、ディキシーの片田舎の
On a Sunday morning
礼拝日の朝
Yeah with one foot in the grave
片足を棺桶に突っ込み
And one foot on the pedal, I was born a rebel
もう片足でペダルを漕ぐ、生まれつきの反逆者
 
 
Even before my father’s father
オヤジのオヤジのその前から
They called us all rebels
ヤツらはオレたちを反逆者呼ばわり
While they burned our cornfields
ヤツらはオレたちのトウモロコシ畑を焼き払い
And left our cities leveled
街に「平等」を残していった
I can still feel the eyes of those blue-bellied devils
いまでも冷たい憎悪の視線が感じられる
Yeah, when I’m walking round at night
夜、オレが外をフラついているとき
Through the concrete and metal, hey, hey, hey
コンクリートや鉄骨の向こう側から…

I was born a rebel, down in Dixie
オレは生まれつきの反逆者、ディキシーの片田舎の
On a Sunday morning
礼拝日の朝
Yeah with one foot in the grave
片足を棺桶に突っ込み
And one foot on the pedal, I was born a rebel
もう片足でペダルを漕ぐ、生まれつきの反逆者
 
 
“Rebels” by Tom Petty & The Heartbreakers
Songwriters : Tom Petty

(拙訳 : 小川 隆道)

 
 ま、「老害」はいただけませんがねw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!