「弁証法」に気をつけろ!

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 先日テレビでたまたま目にした神戸の巨大クリスマスツリーが、何やら非難を浴びているそうなw。

神戸・世界一のツリー、樹齢150年の大木を伐採して「考えて」→炎上
WEDGE 2017年12月1日 網尾歩 (ライター)

 記事の見出しもイイカゲンで、NHKのお昼の番組で巨木の設置作業を中継しましたが、巨木は根が付いた状態=生きた状態で大きなプランターに移植されました。すなわち…

伐採されたワケではない

…というのが真相。したがって見出し文は読者に誤解を与え、ネガティブ(批判的)な感情を喚起するように誘導していると言えます。

 ま、巨木に旅をさせたようなもので、その必要があったのか?という点については「部外者」なので何とも言えませんw。

 ワタシは阪神・淡路大震災を経験していないので、被災者の方々の苦労というか?精神的ダメージに100%寄り添うことはできないワケですが、被災者の方々が巨大クリスマスツリーを見て心が癒されるというなら…

それもアリなんじゃないの?

…と。
 
阪神・淡路大震災 – Wikipedia
 
 ただし、ここから少しキツイことを言わせて貰えば、震災後すでに20年以上が経過し、被災地の復興もそれなりに進んでいるワケでしょ?いつまでも…

被災者特権

…みたいなものにブラ下がっているのもどうか?と思うワケです。

 原発事故の被災者はもっと悲惨です。復興したくても残留放射能のせいで未だに仮設住宅暮らしを強いられているワケで、比べるのは失礼(無意味)なのを承知で言わせてもらえば…

復興できるだけマシ

…のように思えます。不幸にも天災、人災に巻き込まれた人は日本中に星の数ほどいるワケで…

自分の不幸が一番の不幸

…だと思いたいのは「人情」ですが、それを前面に押し出し…

もっと愛をちょうだwい!

…とせがまれても「鼻に付く」だけ。みんな自分のコトで結構イッパイイッパイですからw。

 そうした感情が今回のような「炎上」を生んだとも考えられるワケで、被災者に対して援助の手を差し伸べるのは当然にしても、自助努力を怠り…

おんぶにダッコ

…のままでは、援助する側もいずれ心離れしてしまうもの。

 ま、今回の件に関して言えば、巨木を用意した西畠氏(プラントハンター)自身が震災の当事者らしいので…

仲間を元気付けたい

…という思いに駆られてのコトでしょうが、場合によっては当事者でもない「おせっかいな連中」がしゃしゃり出てくるコトも…。

 あえて言うなら、神戸開港150年というイベントに合わせて樹齢150年の巨木を用意したのは事実であり、震災の被災者を元気付けたいという純粋な気持ちだけではありません。

 一方見方を替えると、被災者の方々が「勇気づけ」を必要としないくらい精神的に立ち直っていれば…

巨木を運ぶカネがあるんだったら地元に回してくれ

…という話にもなるワケで、「美談」も結局のところ…

だれが一番トクするのか?

…という下世話な話になって恐縮ですが、ま、「美談」に騙されない賢い市民になりましょうというのがワタシなりの教訓。
 
あすなろの木について寄せられるご意見等について
~清順より大切なメッセージ~ 2017.11.30
 
 で、「WEDGE」の誘導記事に戻ると、なぜこのような誘導記事を掲載したのかを、よwく考えてみる必要があります。「WEDGE」といえば…

原発推進の急先鋒

…のような雑誌であり、エコロジー派(アンチ原発)はいわば目の仇なワケで、今回の件はエコロジー派のシンボル的な存在である西畠氏を貶めることで…

反原発勢力の勢いを削ぐ

…という効果が期待できるのではないかと?ま、妄想にすぎませんが…

弁証法的に見るとそうなる

…という話で、そうなると?原発関連で近いうちに何か動きがあることの「予兆」かも知れませんw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告