動きあり

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 先日予想したように、やはり「原発関連」で動きがありましたw。
 

「火山国」の原発、是非問う判決 伊方原発差し止め
朝日デジタル 2017年12月14日05時00分

 高裁段階で初めて原発の運転差し止めを命じた四国電力伊方原発をめぐる広島高裁の判断。火山の「破局的噴火」といった、発生頻度は低いが影響ははかりしれない甚大災害をどう評価するかで、原発の新規制基準に照らし、従来とは異なる司法判断を導いた。電力業界からは困惑の声が上がった。

 伊方原発の敷地に、過去に阿蘇噴火による火砕流が到達していないと判断するのは困難――。こう指摘し、広島高裁は同原発の運転を禁じる仮処分決定をした。

 従来、原発をめぐる訴訟の最大の争点は地震・津波のリスクだった。しかし今回、決定が問題視したのは、約130キロ離れた阿蘇山の噴火リスクだ。原子力規制委員会は審査内規「火山影響評価ガイド」で、原発から160キロ以内の火山を検討対象としている。

 過去の判断との大きな違いは、1万年に1度しか起こらないような自然災害であっても、規制委の基準に沿い、原発立地の適否を厳格に判断すべきだ、との姿勢だった。

 火山リスクをめぐっては九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)について、福岡高裁宮崎支部は2016年4月、原則40年の原発の運転期間中に噴火が発生する「相応の根拠が示されない限り、安全性に欠けるとはいえない」として、住民の差し止め請求を退けている。

 この決定は、大規模噴火の発生確率は低頻度で、無視し得るものとして容認するのが「社会通念」と言及し、そのリスクを考慮するかどうかは政策判断だとした。今回の広島高裁決定に先立つ広島地裁決定も、こうした「社会通念」を考慮する考え方を引き継いだ。

 広島高裁決定も、噴火のように、甚大な被害は及ぼすが頻度の低い自然災害に対して、目立った国民の不安や疑問もないとし、「社会通念」への理解は示している。

(後略)

 
 ま、ワタシのようなシロウトにも当然の判断のように思えるワケですが、「頻度の低い自然災害」が云々という部分に…

逃げ道

…を感じるワケです。ひょっとしたら最高裁で判決が覆る可能性を残した…

「アリバイ工作」の判決

…という印象も受けますw。

 そもそも原発の根本的問題は自然災害とは無関係で、技術的にまだ未完成(完全制御不可能)だという点にあります。したがって重大事故が発生したら…

逃げるしかない

…というのが最終的な対応なのに、それのどこが科学的なワケ?へ?

 また、安全に原発が運転されたとて、放射性物資は大気中および海洋に拡散されて環境に悪影響を及ぼし、かつ「使用済み核燃料」は無害化できずに溜まる一方なワケで、はやい話が…

原発を稼動させてはならない!

…というのが正常=分別ある判断のハズ。
 

 
 今回の広島高裁の判決は正しいにしても、まだ最高裁が残されていることと、裁判の争点が「災害の頻度」に絞られると…

最高裁で判決が覆る可能性がある

…ということを心しておく必要がありますw。

 ところで?「WEDGE」が原発推進雑誌であることは広く知られていますが、「リニア新幹線」推進雑誌でもあります。ま、JRがバックについているので当然ですがw。
 
月刊WEDGE – Wikipedia
 
 で、「リニア新幹線」といえば膨大な電力を消費することが知られ、その電力の供給源として「原発」を稼動させようと目論んでいる連中がいるという話。

 つまり「リニア新幹線」と「原発」は切っても切れない関係にあるワケですが、その絡みでワタシが以前から気になっているのがコレ↓。
 

美濃加茂市長、辞職へ 受託収賄罪で有罪確定の見通し
朝日デジタル 2017年12月13日23時06分

 岐阜県美濃加茂市の浄水施設設置をめぐり、現金30万円を受け取ったとして、受託収賄などの罪に問われた同市長の藤井浩人被告(33)を懲役1年6カ月執行猶予3年、追徴金30万円とした二審判決が確定する。最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)が11日付の決定で、藤井被告の上告を棄却した。

(後略)

 
 「原発」とはかけ離れた事案のようですが、「リニア新幹線」という利権を絡ませると…

事件の真相(深層)

…が見えてくるようなw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

【藤井浩人美濃加茂市長 冤罪】 日本の刑事司法は‟真っ暗闇”だった!
郷原信郎が斬る 投稿日: 2017年12月14日
 

青年市長は“司法の闇”と闘った
郷原 信郎 (著)

 
 

広告