原発とレイプ

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 
 先日の伊方原発運転差し止めニュースに関し思いあたるフシとして、「詩織さん事件」も絡んでいるのではないかと?

 そもそも?「火山が云々…」という話であれば、桜島に近接する川内原発のほうが先に運転差し止めになって当然なのに、桜島が噴火しても川内原発は平常運転。それなのに阿蘇山から遠く離れた伊方原発の運転が差し止めされるなんて、フツーに考えてオカシイでしょ?
 

伊方差し止め 火山国の怖さを説いた
中日新聞 2017年12月14日

 阿蘇山の巨大噴火が起きたら、火砕流が到達する可能性が否定できない-。広島高裁は四国電力の伊方原発の運転差し止めを命じた。自然の脅威を甘く見る風潮こそ、3・11は戒めていたが。

 「火山ガイド」と呼ばれる原子力規制委員会が策定した安全性審査の内規がある。例えば、原発から半径百六十キロ以内に位置し、将来、活動の可能性がある火山については、その活動が小さいかどうか調査する。

 小さいと判断できないときは、噴火規模を推定する。推定できない場合は、過去最大の噴火規模を想定し、設計対応不可能な火砕流が原発に到達する可能性が小さいかどうかを評価する。

 その可能性が小さいと評価できない場合は原発の立地は不適となり、原発を立地することは認められない-。以上がガイドだ。当たり前のことが書いてある。

 火山である阿蘇山(熊本)から、伊方原発(愛媛)までの距離は約百三十キロであり、同ガイドの範囲内である。だから過去最大の噴火を想定し、火砕流が原発まで達する可能性も評価せねばならない。広島高裁はいう。

 <火砕流が伊方原発敷地に到達する可能性が十分小さいと評価することはできないから、原発の立地は不適であり、原発を立地することは認められない>

 最大級の噴火でない場合も点検している。その場合でも大量の火山灰が降り積もることになり、やはり原発を動かすことも、そもそも立地も不可となる。何と明快な論法であろうか。

 だが、同じ火山ガイドをテーブルに置いて、同じ問題意識を持ちながら、正反対の結論になってしまった裁判所がある。昨年四月の福岡高裁宮崎支部である。

 九州電力・川内原発(鹿児島県)の運転差し止めの求めを退けた。巨大噴火の時期や規模はだれも予測することはできない。だが火山ガイドに従って論理展開せず、同支部は原発政策を「社会通念」で認めてしまった。

 火山国であるゆえに、今回の決定は広がりを持つ。火砕流を伴う噴火は九州、東北、北海道でありうる。火山灰であれば、全国どの原発でもありうる。

 福島第一原発の事故後、初めてとなる高裁レベルの原発運転差し止めの司法判断だ。理詰めの決定ではあるが、思い知らされるのは、われわれが世界有数の地震国、火山国に住んでいるということだ。

 
 もし「火山が云々…」という話であれば、九州にある原発は即座に運転差し止めにしなければ理屈に合いませんw。
 

火山リスク厳格適用 伊方原発差し止め 規制委判断「不合理」 高裁指摘 玄海、川内に波及も
西日本新聞 2017年12月14日 06時00分

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた13日の広島高裁の決定は、地震や津波の影響ではなく、火山のリスクを重視した点が特徴だ。伊方原発から約130キロの熊本県・阿蘇カルデラの約9万年前の破局的噴火による火砕流に言及し、伊方原発は「立地に適さない」と踏み込んだ。九州には阿蘇カルデラから約130キロの九州電力玄海原発、約150キロの九電川内原発がある。両原発の安全性を巡る議論に影響を与えそうだ。

 原子力規制委員会は新規制基準を受け、火山対策の具体的指針となる「火山影響評価ガイド」を策定。原発から160キロ内にある火山を対象に、火山活動の可能性や噴火規模を推定し、原発稼働時の安全性を評価するように定めた。推定できない場合、過去最大の噴火規模に照らし、火砕流などの影響を評価するように確認している。

 ガイドに基づき、四国電力は42の火山に関して伊方原発への影響を調べた。阿蘇カルデラは、前回の破局的噴火後の活動やマグマだまりの状況を検討し、「破局的噴火直前の状態ではない」と判断。原発は火山と十分に離れており、火砕流が起きても敷地内には流入せず、「影響を及ぼす可能性はない」と結論づけた。

 この想定を基に、規制委も「伊方原発の立地は適当」としたが、高裁は「火砕流が原発敷地に到達した可能性が小さいとはいえない」として、規制委の判断を「不合理」と指摘。火山噴火の影響を重視した。

 鹿児島大の井村隆介准教授(地質学)は「福島第1原発事故が起きるまで、原発の安全性の議論は基準地震動や活断層が中心だった。火山については今も十分に議論されておらず、安全対策は付け焼き刃。火山ガイドを厳密に適用すれば、運転できない原発がほかにも出てくる」と分析した。

 阿蘇カルデラは九州の中心にあり、既に稼働中の川内原発や、九電が来年3月に再稼働を目指す玄海原発のいずれも160キロ以内に位置する。約9万年前の破局的噴火では、火山灰が日本全域に飛び、火砕流の堆積物は九州や中国地方にも広く分布したとされる。

 武蔵野学院大の島村英紀特任教授(地球物理学)は「九州はほかにも霧島、桜島、雲仙岳などの活火山が集中し、川内や玄海はさらにリスクが高い」と指摘。火砕流は火山ガスや水蒸気を含み、時速200キロ近い速さで瀬戸内海も越えて広がる恐れがあるといい、「そもそも160キロ以内という想定自体が甘い」と強調した。

 玄海原発3、4号機の運転差し止めを佐賀地裁に求める訴訟など、同様の住民訴訟が各地で相次いでいる。ただ、同じ上級審でも福岡高裁宮崎支部は昨年4月、火山ガイドの不備を指摘しつつ「破局的噴火は約1万年に1回程度」などとして、川内原発の運転差し止めを認めなかった。火山対策を巡る司法の判断は割れている

 
 思うに、意図的に不合理な判決を地方高裁で下しておいて…

最終的に最高裁で覆す

…つもりだというのがワタシの見立てで、ナンで?かというと…

司法の信頼(正義)が揺らいでいる

…ことに対しての一時的な「人気取り」に他なりませんw。
 

『Black Box』
伊藤 詩織 (著)

内容紹介
真実は、ここにある。 なぜ、司法はこれを裁けないのか? レイプ被害を受けたジャーナリストが世に問う、 法と捜査、社会の現状。 尊敬していた人物からの、思いもよらない行為。 しかし、その事実を証明するには――密室、社会の受け入れ態勢、差し止められた逮捕状。 あらゆるところに〝ブラックボックス〟があった。 司法がこれを裁けないなら、何かを変えなければならない。 レイプ被害にあったジャーナリストが、自ら被害者を取り巻く現状に迫る、圧倒的ノンフィクション。

 
 最近アメリカでも芸能界のセクハラ(パワハラ)が大騒ぎになっていますが、その流れで日本でも問題意識が高まりつつあり、「詩織さん事件」に関心を持つ人が増えたコトで「司法」の正義(正当性)が揺らいでいるという話w。
 

裁判長に「国民審査で×を」の声出たが…NHK契約「合憲」でドタバタ議論
J-CAST NEWS 2017/12/ 6 19:49

NHKが、テレビを置く人に受信契約を義務付けた放送法の規定について、最高裁大法廷が「合憲」との初判断を示したことを受け、裁判長を務めた寺田逸郎・最高裁判所長官(69)に注目が集まっている。

最高裁判断に不満をもつ人らがツイッターに、「次の選挙で×を」と、衆院選と同時に行われる国民審査を念頭に相次いでつぶやいた。その後、寺田長官が約1か月後に定年退官することが指摘されると、中には「陰謀だ」と憤慨する人も。ただ、国民審査の規定上では、そもそも寺田氏は「次の衆院選」では審査の対象外のようで…

(後略)

 

最高裁長官に大谷氏就任へ=寺田氏の後任
時事 2017/12/07-19:52

 政府は7日、来年1月に定年退官する寺田逸郎最高裁長官(69)の後任となる第19代長官に、大谷直人最高裁判事(65)を起用する方針を固めた。8日にも閣議で正式決定する見通し。

 大谷氏は裁判官出身で、主に刑事裁判を担当。2015年の最高裁判事就任後は、「1票の格差」訴訟の大法廷判決で、14年の衆院選を「違憲状態」、16年の参院選を「合憲」とする多数意見を述べた。

 裁判長としては、宮城県石巻市で10年に元交際相手の少女の姉ら3人を殺傷したなどとして、殺人などの罪に問われた当時18歳の元少年の事件を担当。元少年側の上告を棄却し、裁判員裁判となった少年事件で初めて死刑が確定した。

 
 回りクドイことをウダウダ書くのもアレなんで手短にまとめると…

司法も支配の道具だ!

…というコトで、何かにつけ…

日本は法治国家だ!

…などと息巻いている人もいますが、「司法」が時の権力者(支配層)の意のままであったなら、そ・れ・は…

独裁国家に他なりませんw!

 ちがいます?

 ワタシの目には、今回の広島高裁の判決は…

三文芝居

…のようにしか映りません。ガス抜き判決でしかなく、「詩織さん事件」「NHK受信料裁判」で司法に向けられた国民の批判=覚醒をはぐらかすためのものw。

 ちがいます?

 したがって、最高裁でコロっと覆るのは明白で(後任も準備したことだし)、国民をぬか喜びさせておいて絶望に突き落とすという…

いつもの手口ですw!

 ま、原発も…

国民に対するレイプ

…みたいなもので、今回の判決にしても、「火山云々…」という点が強調されると、火山のない…

新潟や福井の原発は安全なのかw?

 ちがうでしょ?
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

美濃加茂市長を失職に追い込んだ最高裁決定の意味
ビデオニュース・ドットコム 2017年12月16日 22:22
 
検察審査会から音楽スタジオまでの長い一日
八木啓代のひとりごと 2017-12-16
 
どこも報じない、山口敬之氏「疑惑」の背後でうごめく権力の闇
MAG2NEWS 2017.12.17