ビットコイン爆下げの背景

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 ビットコインがニッチもサッチもドッチも行かなくなりつつあるワケですが、ヤッパリ…
 
北朝鮮の金(ゴールド)
 
…と関係あるんですかねw?
 

G20、仮想通貨規制を議論 仏独提案へ
日本経済新聞 2018/1/19 12:46

 ロイター通信によると、フランスとドイツは3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨の国際的な規制を呼びかける方針だ。フランスのルメール経済・財務相は18日、「ビットコインのリスクの分析や規制についてドイツとともにG20参加国に提案したい」と述べた。両国がパリでの共同記者会見で発言した。

 ルメール氏は仮想通貨の値動きの激しさが金融システムに引き起こしうるショックや、マネーロンダリング(資金洗浄)への悪用を懸念しているとみられる。仮想通貨相場はこのところ下落が目立つ。代表的なビットコインの価格は1月中旬に入って2017年12月中旬につけた最高値のほぼ半値にまで落ちた。

 ドイツのアルトマイヤー財務相代行も「我々は市民に対してリスクを説明し、規制によってリスクを低減させる責任を負っている」と述べた。

 18年のG20会合はアルゼンチンが議長国を務める。議題を決めるのはアルゼンチンだが、仮想通貨が議題の一つに取りあげられれば、G20会合で話し合うのは初めてとなる。

 日本は17年4月に仮想通貨と現金を交換する取引所を登録制とする規制を導入済み。麻生太郎財務・金融相は12日の記者会見で「なんでもかんでも規制すればいいというものではない。バランスをとりながらやっていかなければいけない」と話していた。

 
 北朝鮮情勢が「カギ」だといういう話で、すべては「金融支配」の都合次第…。

 ワタシの妄想を整理すると、第二次世界大戦によって失った朝鮮半島(北朝鮮)の金鉱山の利権を、アメリカ(共和党)は取り戻したいというコト。

 一番手っ取り早いのは戦争を起こしてふんだくるコトですが、北朝鮮の核開発がどこまで進んでいるのかによってそのリスクが大きく変わるので、まずは単独で動くよりも国際世論を味方に付けて経済制裁などで圧力を掛け、その国力を測りたいトコロ。

 その協力者としてアメリカを朝鮮半島から追い出した旧日本帝国の残党を協力者に引き入れ、北朝鮮情勢の危機感を煽っているとか?

 で、アメリカが北朝鮮の金(ゴールド)を狙っている背景には…

仮想通貨の普及

…という目論見があるからじゃないの?

 もっとも?アメリカ一国の都合というよりはグローバル金融資本家たちの都合があるワケで…

仮想通貨を普及させる=金融支配が完成する

…というコト。なんせ世界中の人間が銀行の監視下に置かれるワケですから…

銀行業は永遠に不滅です!

…というコトになり、いわば「ワンワールド」「ニューワールドオーダー」の世界になるという話w。

 ま、それはそれとして、逆説的に言えば?今回の平昌五輪が平穏に開催されるようであれば、国際金融家たちはソートー追い詰められるのではないかと?

 つまり国際金融家連中の尻に火が点いたような状況で…

なにがなんでも戦争を起こしたい!

…と焦っているとしたら、まだまだひと波乱ありそうな気がしますw。

 最近、在日米軍も妙wに演習に熱を入れているようだしw。

 そもそもビットコインて銀行とは無関係なハズだったのに、いつの間に大手銀行が介入するようになったワケ?

 そうそう…金融支配の総本山?といえば、北朝鮮と国交のあるイギリスだわw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

<新田原基地>日米共同訓練を中止「火山活動影響の可能性」
毎日新聞 1/20(土) 20:09配信

 航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)は26日まで予定されていた日米共同訓練を中止すると発表した。理由は、米軍側から「火山活動が飛行の安全に影響を及ぼす可能性があるため」と説明があったとしている。

 訓練は19日開始予定だったが、20日に変更されていた。同基地によると米軍側から午後2時ごろ中止の連絡があった。訓練は、在日米軍再編に伴う訓練移転に伴い米軍嘉手納基地(沖縄県)と新田原基地からF15戦闘機計10機が参加し、九州西方沖などで2年ぶりに予定されていた。【塩月由香】

 

米政府機関閉鎖で米軍ラジオが放送停止
NHKニュース 1月20日 20時43分

アメリカ議会上院で新たな予算案を可決することができず、政府機関が一部閉鎖となったことから、国防総省が日本を含む世界各地のアメリカ軍基地関係者などに向けて放送しているラジオがサービスを停止し、早くも影響が出始めています。

アメリカ議会上院は与野党の対立が続いて、政府の暫定予算が切れる前に、新たな予算案を可決することができず、トランプ大統領の就任からちょうど1年となる20日、政府機関が一部閉鎖される事態となりました。

このため、アメリカ国防総省の傘下にある機関が運営し、日本を含む世界各地に駐留するアメリカ軍の基地関係者やその家族などに向けてニュースや娯楽番組などを放送しているメディア、AFNは20日、サービスを中断しました。

AFNのフェイスブックには「政府機関の閉鎖のためサービスは利用できません」というメッセージが投稿されています。

実際にラジオ放送を聞くと、クラシック音楽の合間にサービスを停止しているという英語のメッセージが流されていて、早くも政府機関の閉鎖の影響が出始めています。

 
 
追記2:

 23日からダボス会議があるんだw、ふwwwん。
 

トランプ氏、26日に演説 ダボス会議、最大の目玉
徳島新聞 2018/1/17 05:32

【ジュネーブ共同】スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」事務局は16日、23日開幕の年次総会(ダボス会議)でトランプ米大統領が最終日の26日に演説を行う予定だと発表した。会議には70カ国以上の首脳が出席予定だが、米大統領として18年ぶりの参加となるトランプ氏の演説は最大の目玉となりそうだ。

ホワイトハウスによると、演説でトランプ氏は「米国第一」の政策を示すとみられる。同フォーラムの担当者は、内容は予測できないが、「トランプ氏と彼が引き連れてくる閣僚らの出席は重要だ」と指摘した。