「西郷どん」はなぜ低視聴率なのか?

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 結論から先に言うと、「西郷どん」は明治維新150周年のキャンペーンドラマであり、明治維新がいかに謀略、策略に満ちたものであったかを多くの人が知る現在となっては…

維新礼賛ドラマなんて視る気がしない

…というのが大方の心情ではないかと?
 
「明治150年」 – 内閣官房「明治150年」関連施策推進室
 
 明治維新によって薩長土肥の藩閥政治がはじまり、その伝統が現在まで続いているワケであって、現在の安倍(歪)政権および「アベ友」もその延長線上(長州閥)にあるという話w。

 「西郷どん」は藩閥政治に否定的だったらしく、それ故に政界を追われて下野し、西南戦争にて戦没します。維新の立役者の中ではマトモな部類だったにしても、江戸市中でのテロ行為を画策した連中のひとりであり、東京の人間としては、あまりイイ印象はありません。
 
江戸薩摩藩邸の焼討事件 – Wikipedia
 
 江戸市中でテロ行為をくり返し、無辜の町民を苦しめた当事者が「ご立派」なコトをほざいてもなw?
 
南洲翁遺訓 – Wikipedia
 
 ま、それでも「私利私欲」に染まりきれなかったからこそ、明治新政府の中では浮いた存在になってしまったコトは確かで、「西郷どん」が政界を追われなかったら、明治という時代は大きく変わっていたでしょう。いまさら言っても詮無きコトですがw。

 こうした明治からの伝統がいまだに日本社会を支配しているワケで、その結果が現在の日本社会の姿であり、安倍(歪)政権の本領なワケですw。
 

 
格差の固定化で訪れる「新・階級社会」の実像!
ダイヤモンドオンライン 4月2日
 
 ちなみに徳島の「阿波踊り」が存亡の危機?とかいう話ですが、日本各地の地域イベントも同じような状況にあるワケで、もちろん?イベント単体で損得を量るのは早急と言え、イベントにより地域が活性化すれば総合的な収支はプラスに転じます。たとえば住民が増えるとか…。

 ただし、イベントに絡む不透明な部分=利権の濫用が横行するようになると、やがては地域社会も腐敗、堕落し、とくに若者は閉鎖的な人間関係に嫌気が差して地元を離れて行くでしょうし、それが現在日本中に見られる地方自治体の過疎化の元凶ひとつとも言えます。だ・か・ら…

地元を変えろ!

…という話になるワケです。はい。

 「昔からの伝統」が云々…と、旧い価値観に縛られているだけでは新しい時代に対応できません。それに「伝統」が常に正しいワケではありません。「伝統」とは…

旧支配体制の名残り

…の一側面であり、先ずは「伝統」についてよく理解する=歴史的経緯を学ぶコトが肝要。その上で「守る」価値のあるものなのか?「変える」必要があるのか?を判断して前に進むのがスジ。

より良い社会(日本)を構築するためにw!
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告