The dog that walks finds something.

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 「犬も歩けば棒に当たる」という諺をポジティブに解釈してましたが、本来は…

出る杭(釘)は打たれる

…というようなニュアンスの用法だったようですw。

犬も歩けば棒に当たるって英語でなんて言うの?

 で、ポジティブ…というか、ネガ・ポジ交えて英語にすると…

犬も歩けば何か見つける

…といったカンジではないかと?

 何度も書いてきたコトですが、世の中自分に都合のイイコトばかりが起きるワケじゃありません。私事で恐縮ですが老母の入院にしても日々状況は変化し、それに伴う対応を迫られます。そこで「犬も歩けば棒に当たる」=ネガティブ思考していたら…

前に進みませんw。

 先(未来)のことは確定して無くても、医師との話し合いに基づき「より良い」と判断した方向に進むしかないワケです。その先に過誤が生じたとしても、それは神のみぞ知るトコロと受け入れるしかありません(病院側の過失は別として)。

 ワタシの場合は老母の状態が今一番の関心事なワケですが、すべての人がそれぞれにそれぞれの判断、決断を毎日積み重ねているワケで、ブッチャケ…

立ち止まってはいられないw!

…という話。つまり、「犬も歩けば棒に当たる」をネガティブに受け止めてばかりもいられないワケで、とにかく前に進むしかありませんw。

 次に重要になるのは、先に書いたように「自分の判断」がそこにあるか否か?というコトで、「自分の判断」無しに前に進む=状況が変化する場合、それは「前に進む」のではなく…

流されている

…と言ったほうが妥当かと?もちろん、自らの意思で「流れに身を任す」という選択もアリですが、その「覚悟」があるならば、よしんば不利益が発生したとしてもそれを受け容れられるハズ。しかし、往々にして「後悔」する人が多いのが世の常であるのは、人の心の中にある…

凡庸な悪

…の表れ=自己責任回避衝動によるものではないかと?

戦争責任者の問題
 

財務省調査に疑問・批判=閣僚からも-セクハラ疑惑
時事 (2018/04/17-20:21)

…財務省は16日、同省記者クラブに加盟する報道各社の女性記者に協力を求める異例の対応に出た。財務相は17日の会見で、セクハラと認定するには「(被害者とされる)本人が申し出てこなければどうしようもない」と述べた。

 財務省が調査を依頼した弁護士事務所は同省と顧問契約を結んでいる。公平性に欠けるとの指摘に対し、財務相は「第三者の弁護士を、女性の弁護士も入れて対応させていただいている」と説明。「全然付き合いのない弁護士にお願いしますと(依頼)できますか」と反論した。…

 
 で、何が言いたいかというと、現在のように内政にしても外政にしても世の中が不穏=混沌としてくると、必ず「予言者」じみた連中が現れるもので、そうした連中の「口車」に乗せられて…

「自分の判断」=「良識」を見失わないようにw!

…という話。

 小難しい政治テクニックだの専門用語に惑わされず、「自灯明」となって前に進むのが賢明ではないかと?
 

 
 ワタシたちが先ず一番に望むのは、「人間が人間らしく暮らせる世の中」でしょ?そのためにはどうしたらイイかという話で、いたってシンプルですw!

シリアに平和を!アラブに平和を!
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告