早稲田もヤベーな

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 「危険タックル」が発端となり、当該のアメフト部どころか大学そのものまで社会の批判に晒されている日大ですが、前にも述べたように、この問題は日大が云々という話では済まされず、日本の社会構造が生み出した問題だと思う次第。

 マスコミが日大を連日大々的に取り上げているのも、日大という局所的な問題に矮小化するコトにより、根本的な利権構造に衆目が向くのを回避するためですw。

 で、こうした利権構造の元凶はどこにあるのか?というと…

政治との癒着

…に他なりませんw。
 

「天下り受け入れ私大」ワーストは日大・早稲田
マイニュースJAPAN 2010年1月10日 03:45 佐々木奎一

文部科学省の官僚OBが私立大学の「職員」として天下っているケースを独自調査したところ、152大学に計576人が天下っていることがわかった。

なかでもワースト1位は日本大学の26人、2位は早稲田大学の24人で、慶應5人、上智3人と比べても突出して多い。いずれも私学助成補助金が114億、92億と多く、事実上、税金が役人の雇用対策に使われている

受け入れてしまう側の「貧困なる精神」も深刻で、私学らしい「在野の精神」のかけらも見えない。

役人の天下り先に成り下がったダメ大学は学ぶ場としても不適切だが、民主党政権は現状、私大への助成金付き天下りについて何も手を打っておらず、公約の「根絶」とは程遠い。

(後略)
 


私大「天下り事務職員」ワースト20

 
 
 とどのつまり、政界と太いパイプで繋がっているワケです…日大は。当然?時の政権の意向を反映する教育方針に染まるようになるワケで、日本会議の傀儡とも言える現安倍(歪)内閣に忖度して「危機管理学部」も設置されたんでしょうし、推察するに警察関係者の天下りもソートーいるのでは?

日大=日本会議大学

…というのが、ほぼ実態(正体)なのかも知れませんw。

 学生や職員の生殺与奪権を握り、卒業生さえも「恐怖」で支配しているのではないか?と。
 

 

STEP 7: 主要人物を攻撃する

言うことをきかなければ、公務員、芸術家や学者を失業で脅すのだ。ムッソリーニは、ファシストの方針に従わない国立大学の学長を追い回した。親ナチではない学者を追放した、ヨセフ・ゲッベルスもそうだ。チリのアウグスト・ピノチェトもそうだった。中国共産党政治局も民主化運動家の学生や教授を懲罰している。

大学は積極行動主義の火口箱なので、ファシスト化策を進めようとした連中は、ゲッベルスの用語だが、万一イデオロギー的に「協力」しない場合、失業させることで、学者や学生を罰した。公務員というのは、社会の中でも、その政権によって最も首にされやすい部分なので、ファシストどもが、「早いうちから」「協力」を狙う格好の標的集団だ。ドイツの職業官吏再建法は、1933年4月7日に公布された。

ブッシュ支持派州議会員は、いくつかの州で政権に批判的な学者を罰したり、解雇したりするよう、州立大学の評議員に圧力をかけた。公務員について言えば、ブッシュ政権は、抑留者に対する公正な裁判をはっきり主張した、ある軍弁護士の出世の道をふさぎ、政権幹部は、無償で抑留者の代理人になっている弁護士事務所を、事務所の主要な企業顧客に、事務所をボイコットするよう呼びかけるぞと、公然と脅した。

この他、非公開のブログで「水攻めは拷問だ」と発言したCIAの契約従業員は、仕事をするのに必要な、機密取扱者資格を奪われた。

ごく最近では、現政権は、政治的忠誠度が不十分と見えるような8人の検事を追放した。ゲッベルスが公務員を1933年四月に追放した時には、検事も「協力」させられたが、それは、ますます厳しい法律を作る為の「道慣らし」段階だった。

「簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ」より

 
 ちなみに、カンヌ映画祭で「パルムドール」を日本人監督が受賞したのに、日本政府がそれを無視し続けているのは…
 
クールジャパン
 
…とやらを推進している政府の方針と大いに矛盾します。オリンピックの金メダリストには「国民栄誉賞」なのに、国際的評価を受けた映画監督には無しのつぶてとは…

これ如何に?

 映画こそ海外に「日本文化」を発信するうえで重要なコンテンツであり、黒澤明監督、今村昌平監督をリスペクトする海外の監督は山ほどいます。有名どころでは「スターウォーズ」のS.スピルバ-グ監督とか…。
 
カンヌ受賞でもネトウヨは是枝裕和監督と『万引き家族』が大嫌い! 安倍首相は無視、百田尚樹と高須克弥はバッシング
litera 2018.06.05
 
「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた
現代ビジネス 2018.04.23 原野 城治
 
 ようするに、自分のお気に入りというか?イデオロギー(価値観)に合ったものしか認めないという…

幼児性丸出し

…の連中だという話で、そうした連中が権力を握り好き放題やってるワケだから…

世の中が良くなるワケがないw!
 

 

参院の定数増は容認できない
日本経済新聞 2018/6/2付

 選挙は民主主義の土台であり、特定の政党の都合で制度をゆがめることがあってはならない。その意味で、自民党が作成した参院選挙制度の改革案はおよそ「改革」とは呼べない。人口減の時代に定数を増やすのも、有権者の理解を得られまい。直ちに撤回して再検討すべきだ。

 自民党が参院改革協議会に提示した文書によると、来年夏の参院選から(1)非拘束式の比例代表とは別枠で優先的に当選できる比例候補を各党2人まで名簿に登載できる(2)埼玉選挙区の改選定数を3から4に増やす――というのが、主な内容だ。

 鳥取・島根と徳島・高知が合区になり、候補者を送り出せない県がふたつできた。地方組織の不満を解消する救済措置が必要だが、人口の少ない県なので、非拘束式の比例候補に回すと当選は容易ではない。だから、別枠をつくるということのようだ。

 しかも、別枠をいまの比例の範囲に取り込むと、有力支持団体の組織内候補の当選枠が減るので、定数をその分だけ増やすそうだ。実現すれば自民党は現行制度と比べ、自動的に2議席増となる可能性が高い。こんな露骨な党利党略は聞いたことがない。

 自民党は合区解消を強く求めてきた。3月に決めた憲法改正案にも、参院選の選挙区は都道府県単位とする規定を盛り込んだ。

 主張するのは自由だが、そんなことをすれば1票の格差はどんどん広がっていく。衆参両院がほぼ同じ権能を有している以上、参院選は格差が大きくて構わないという理屈は成り立たない。議論するならば、衆参の役割分担などと一体でなされるべきだ。

 連立を組む公明党はどう動くのか。これまで同党は比例を全国11ブロックごとの大選挙区制に置き換えるよう提唱してきた。

 苦戦を強いられている埼玉の定数が1つ増えれば、選挙戦はかなり楽になるだろうが、そんなあめ玉に飛びついて節を曲げるのか。党の見識が問われる。

 
 記事にも書かれているように、「選挙は民主主義の土台」であり、不正選挙などあってはならないコト。したがって、現状の選挙制度および監視体制を今以上に透明性の高いものにし、『日本国憲法』の前文に謳われる…

公正な選挙

…を達成することが何よりの先決課題であり、そしてそれを成し遂げることは…

「革命」に匹敵する

…と思う次第w。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 

広告