シリアで何かが起こる…かも?

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 ナンか?おフランスが騒がしいようでw。
 

仏デモ、マクロン氏への不満爆発=庶民結束、政権苦境に
時事 2018年12月04日21時37分


燃えさかる車を前に燃料税増税方針への抗議デモを行う人々=1日、パリ(AFP時事)

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領の燃料税増税方針に端を発した抗議デモは、パリで一部が暴徒化し、建物が破壊され車両が炎上する事態にまで発展した。減税などで大企業や富裕層を優遇するマクロン氏を「金持ち大統領」と批判してきた庶民の怒りは頂点に達し、社会の不平等に対する不満が爆発。政権は苦境に立たされている。

 マクロン氏は11月27日の演説で「怒りを受け止める」と述べつつも、来年1月1日の燃料税増税は撤回しないと表明していた。しかし、政府は市民の不満の高まりをこれ以上無視できないと判断。フィリップ首相が4日、テレビ演説して半年の増税延期を発表し、事態の収拾を図る方向へ転換した。

 仏メディアによれば、仏仲裁研究センターのクロード・ポワスノ研究員は暴徒化の理由について「政府に支配される不満が爆発した」と指摘。労働組合や政党が組織的に主導する従来のデモと異なり、「個人が怒りの感情に基づき行動し、過激化した」と説明した。

 インターネット交流サイト(SNS)上では、4回目となる8日のデモ開催の呼び掛けが拡散中。政府はこれ以上の混乱を防ぐため、デモ運動側との対話を模索しているが、自然発生した経緯から誰が代表を務めるのかさえ不明だ。賛同者の主張もあまりに多様で政府は対策を立てられず、和解の糸口はつかめていなかった。

 デモは、自動車運転者に携行が義務付けられている安全ベストを参加者が着用することから「黄色いベスト運動」と呼ばれる。公共交通機関が未整備で、通勤や買い物に自家用車を使用せざるを得ない郊外や地方の住民を中心に広まった。当初は燃料税増税への抗議が主だったが、マクロン氏の構造改革に反発する幅広い層に浸透。賛同者の主張は年金・社会保障の負担増や、購買力低下への不満など多岐にわたっている

 フランスではデモやストライキが日常的に行われているが、今回ほどの被害が出るのはまれ。1日はパリだけで400人超が拘束され、パリ警視庁は「前代未聞の暴力行為」と表明した。カスタネール内相は当初、暴徒の大部分はデモに乗じて略奪を行う「壊し屋」だと説明していたが、その後の調べで一般の参加者も暴力行為に及んでいたことが判明した。(2018/12/04-21:37)

 
 ワタシとしては「修羅の国」=ホンジュラスで、大量難民(不法移民)の元凶となった現政権を打倒する軍事クーデターでも起こるんじゃないか?と思っていたワケですが、電撃的なゴーン日産会長の逮捕が引き金になったのか、フランスでマクロン政権に抗議するデモが勢いづいているとかw。

 ソレはそれとして、中南米(通称アメリカの裏庭)の国々の動向も依然不透明であり、アメリカ=メキシコ国境で流血の事態が起こる前に…

難民キャンプの早期設置を!

…と、国連に願う次第(個人的に)。

 思うに、日本のマスコミが不法移民の「不法」を伏せて報道する背景には、現在国会で審議中の「新移民法」への「忖度」があるんじゃないの?世論が「移民」に対してネガティブなイメージを持たないようにw。
 

 
 で、話をおフランスに戻すと、反政府デモが暴徒化しているコトに関して思うに、フランス国民はまだ「性本能」が健在だと言える気がします。その査証?として、日本と違いフランスは「出生率」が僅かながら増加の傾向にあるw。
 


主要国の総人口の推移

 
 「性本能」と「暴力」とは脳内で近しい関係にあり、日本のように人口が減少する一方=去勢された民衆の国では、デモなども起こり難いというコトが言えるワケです。ま、「妊婦税」なんて国を滅ぼす悪鬼の所業に黙って従っているようじゃ…

人口も減るワケだw!
 

 
「妊婦加算」が炎上した理由 「事実上の妊婦税」か「周産期医療の充実」か?
税理士ドットコム 2018年09月17日 09時58分
 
 その点フランスは、母子家庭に対する福祉が充実しているので日本よりはるかにマシなワケですが、安心して「子作り」に励めるというというコトは「性本能」の抑圧にはならず、したがって今回のような大規模なデモが発生する事態も考えられ…

支配層にとっては両刃の刃

…になるという話。

 高度管理社会(独裁国家)を目指すなら、国民の「性本能」のコントロールは重要課題であり、そのことをG.オーウェルも『1984年』で…
 

たんなる一人の人間の愛ではなく動物的な本能、欲望と区別できない単純なそれこそが党をばらばらに引き裂く力なのだ

 
…と論じ、性事に政治(国家)が介入することを…

腐敗したセックス

…だと言い放つワケですw。

 さて、少し前は「不法移民」に、そして現在は「マクロン大統領抗議デモ」に衆目が集まっているワケですが、そうしたなかで気になる記事が…。
 
アゾフ海の出来事が注目される中、アメリカがシリアや周囲で膨大な軍事力集結
マスコミに載らない海外記事 2018年12月 4日 (火)
 
 ゴーン日産会長逮捕を「シリア絡みじゃないか?」と妄想しているワタシとしては、この記事がヒジョwに気になるワケで…

シリア内戦=新自由主義の押付け

…という視点からすると、ゴーン会長の逮捕⇒フランスの大規模デモという流れと、その前段のカショギ記者暗殺⇒安田記者解放という流れが無関係とは思えないワケで、大きく視ると…

新自由主義(金融支配)に対する反動

…が世界に充満しているように感じる次第w。
 

G20「保護主義と闘う」明記せず 首脳宣言採択し閉幕
日経新聞 2018/12/2 2:55 (2018/12/2 23:34更新)

【ブエノスアイレス=杉原淳一】アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は1日(日本時間2日未明)、首脳宣言を採択して閉幕した。合意にはこぎ着けたものの、米国の反対などにより「保護主義と闘う」との文言を盛り込めなかった。保護主義が国際協調の枠組みを揺さぶり続けている。

首脳宣言には世界経済が抱える様々なリスクへの指摘や、国際協調の枠組みの機能改善なども盛り込まれた。世界経済については「各国の経済成長が同時に連動しなくなった」としたうえで、「金融の脆弱性や地政学上の懸念などいくつかのリスクが顕在化した」と明記した。

世界貿易機関(WTO)を中心とする多国間の貿易制度については「貢献は認識するが目的の達成には及ばず、改善の余地がある」と指摘した。来年、大阪で開催されるG20首脳会議で、WTO改革の進捗を検証することも盛り込んだ。

だが、昨年のG20の首脳宣言と比べると、自由貿易の重要性への言及は大きく減り、「保護主義と闘う」という定番の文言も削除された。議長国を務めたアルゼンチンのマクリ大統領は閉幕後の会見で削除の理由について、米国の名をあげてトランプ氏の反対を示唆した。

G20に出席した米政府高官は閉幕後、記者団に「首脳宣言は米国の大きな目的を数多く満たしている」と力説した。WTO改革などが盛り込まれたことを高く評価。「米国にとって偉大な一日だ」と述べ、米主導で議論が進んだことをうかがわせた。

2020年以降の温暖化対策の枠組み「パリ協定」についても、米国のみが離脱の決意を再び表明。「1対19」で意見が対立した。

17年のドイツ・ハンブルクでのG20首脳会議では、宣言に「保護主義と引き続き闘う」と明記した。しかし、18年以降は米中が上乗せ関税をかけ合うなど、貿易戦争が激化。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、米中の対立で首脳宣言を初めて断念するなど事態が深刻化していた。

今回の首脳会議でも、初日から自由貿易や新興国の債務問題などを巡って参加国の意見が分かれたが、最終的に宣言を採択してG20全体としての結束は守った。

 
 新自由主義陣営としては体勢を立て直すために「アクション」を起こすだろうし、その舞台が再びシリアになる可能性が先の記事からは窺えるワケで、穿った見方をすれば…

シリアへの再軍事介入の目くらまし

…として現在フランスで大規模抗議デモが発生しているとも考えられなくもないワケで、いずれにせよ暴徒化したデモは政権側に…

鎮圧の大義名分

…を与えるだけであって、自ら墓穴を掘るようなものだという話w。

世界で最も「貧乏」な大統領
2012年8月6日
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!