優秀なサギ師の集まり

“あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、それでもあなたは、それをやらなければならない。”

“それはあなたが世界を変えるためではなく、あなた自身が世界によって変えられないようにするためだ。”

マハトマ・ガンディー


 東京オリンピックのマラソン開催地は札幌に…というIOCの意向が発表されたら、午前3時スタートにすれば問題ないと東京(日本)側が言い出したそうで、そうなるとマラソンを観に行く観客も大変ダw。こうなるともう…

オリンピックって誰のために開催するのよ?

…という話にもなって、観客ファーストであれば午前3時なんて夜中スタートは論外w。そもそも、観客在っての「平和の祭典」なんじゃないの?

 他にもグダグダの懸案事項はあるようで、日本中から優秀な人材が集まっているハズの東京でこのザマか?という批判も聞かれますが、「優秀」の向かう方向が違うんでしょ?

カネ儲けにかけては優秀

…であるにしても、何かが欠落しているんでしょうなw。

 例の神戸の教師間イジメが発端となって、運動会おける「組み体操」の是非および、「運動会」そのものの在り方すら問われるようになった今日この頃。

 「感動」が生まれるから「組み体操」は必要だという論者もいて、ナンか…こう…

感動中毒患者

…みたいな人が多いようで…orz
 

リスクしかない組体操がなくならない理由
女子SPA! 2019/01/14 08:46
 

 
(前略)
 
◆ 体罰を感動にすり替えた?

 理不尽な苦役を集団に課せば、人々はやり遂げたことに達成感を抱く。「個」を消して大きな集団に身をゆだねるカタルシスが場を支配する。そうなれば逸脱者が現れても、統治者が手を下すまでもなく、「自分たちの感動を壊すとは何事か」と同調圧力を働かせて攻撃するようになる。

 体罰が許されなくなった21世紀の学校が代わりに見つけた“感動統治”の手法、それが巨大組体操なのである。それらを推進しているのは、特定の集団というよりも「感動」して「絆」を深めたい保護者であり、先生であり、子供であり、地域住民であるところの私たちなのかもしれない。

 
 で、それゆえに「感動」は商売のネタになり、「優秀な人材」は…

いかに「付加価値」をつけて儲けるか

…に頭を使うという次第で、傍から見てると「サギまがい」ですらありますw。

 アスリートにしても「スポーツでメシを食ってる」関係上、こうした「感動商売」の共謀者であり、そんな連中が「夢」だの「愛」だの語ってもしらけるだけっス(個人的感想)。

 ま、「なでしこジャパン」がワールドカップで優勝したときは、東日本大震災の直後というコトもあってワタシですら「感動」しましたが、当時彼女たちは男子選手に比べロクなサポートも受けられず、いわば「商売」にならないと見放された存在でしたが、それが掌返しで注目を浴びるようになり以前よりずっと恵まれた環境でプレーできるようなった彼女たちが、以前よりずっと強くなったのか?というと…疑問。

 別に揶揄しているワケではなく、「世界一になる」というコトはそれだけ大変だという話。当然の如くライバルもいるワケだから。

 いまさらアレコレ言っても詮無きコトですが、簡単に言うと…「感動」は「商売」になる=カネ儲けができる…というのが先ずあって、それはひとえに…人は「感動」を求めている…という「市場」があるから。

 そしてなぜ「感動」を求めるかというと、それが「心」を刺激するからであって、「心」を刺激されることで人は強く自己認識するという流れ。

 加えて、「感動」を共有することで自他の同一性=孤独感から抜け出せる(連帯感に満たされる)というカタルシスも得られるワケですが、一般的に「感動」は一過性であるが故に、何度も「感動」を求めるようになってしまう傾向はあります。まるで「中毒患者」のようにw。

 ザックリ言うと、商業メディアはつねに「感動」を煽ることでカネ儲けをしているワケですが、「優秀な人材」はそうした方面に頭を使うことに長けているという話。

 さらに言えば「カネ儲け」で済めばまだマシで、こうした「感動」がナショナリズムと結びついた場合、「愛国」などが声高に喧伝されるようになると…

全体主義(独裁主義)国家

…が登場するであろうことは過去、および現在の事例に照らしても容易に想像がつきますし、その意味で「感動中毒」の国民を増やし続けることは…

そのための準備段階

…だったりしてw。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!