「ナオミ効果」か?

【 期 間 限 定 拡 散 】

新型コロナ、首都圏 ほぼ全員 “既感染”!? 日本の死者が欧米より少ない要因の一つに「集団免疫説」 専門家の 新抗体検査 で明らかに
夕刊フジ 2020.8.14
 
 日本の 新型コロナウイルス感染 による 死者 や 重症者 が 欧米に比べて少ない 要因の一つとして浮上する「集団免疫説」。その 解明 に 光明 か。東京理科大学 の 村上康文教授 らは、新開発の検査システム を用いた首都圏での 抗体検査 で、従来の結果を大きく上回る数値が出たと明らかにした。注目すべきは、陽性 が出なかった例を含む 検体のほとんどで、すでに何らかのコロナウイルスに感染している「既感染」を示す反応があったことだ。免疫を獲得している可能性があるというのだ。

 抗体定量検査システムは、村上氏が設立したベンチャー企業が、民間企業の協力を得て開発した。
 
 13 日に 東京都内 で 記者会見 を開いた 村上氏らによると、5 ~ 8 月に東京など首都圏からボランティアで集めた 10 ~ 80 代から 362 検体を採取した。今回の検査では複数の抗原を用いるなどして精度を高めたところ、約 1 . 9 % で 陽性 の結果が出たという。
 
 厚生労働省 が実施した 抗体検査 では、東京の 抗体保有率 は 0 . 10 % で、これに比べるとはるかに高い水準だ。東京の人口比でみると、公表された累計感染者数( 13 日時点で 1 万 6680 )より大幅に多い 約 26 . 6 万人が、すでに新型コロナに感染 していると推測できる
 
 だが、一般に「集団免疫」が成立するには少なくとも 60 ~ 70 % の 抗体保有 が必要とされる。2 % 弱程度では 圧倒的に少ない ようにも思えるが、村上氏は 陽性の水準 に届かなかったものも含めて、ほぼ全ての 検体 で 抗体 の反応があったと明かす。
 
 免疫グロブリン(Ig)と呼ばれる 抗体 には複数の種類があり、抗体検査 の際、初感染では「IgM 抗体」の シグナル が最初に上がり、遅れて「IgG 抗体」が上がるとされるが、今回の検査では「ほぼ 例外 なく、IgM とIgG が同時 に上がった」と村上氏。
 
 村上氏は、両者の シグナル が同時に上がった場合、「既 感染(過去の コロナウイルス感染)」を意味する と説明。それが 新型コロナウイルス によるものか、過去のコロナウイルス による「交差反応」かなど、原因の解明については今後の課題としている。
 
 会見では、順天堂大学 の奥村康(こう)特任教授(免疫学)も ビデオメッセージ で、今回の 検査結果 について、「微量 の 抗体 でも ポジティブ に考えていいと思う」と コメント した。

 奥村氏は、免疫には、体内にある「自然免疫」と、ウイルスなど外敵と戦うことで構築される「獲得免疫」の 2 つがあるとしたうえで、獲得免疫 を 軍隊 に例え、「集団免疫 は 軍隊 の 総力、抗体 は ミサイル にあたる。ただ、ミサイル はなくとも軍は 訓練 されている場合、測る指標はない。抗体 が引っかからなくとも 免疫 はある」と 強調 した。
 
 前出の 村上氏 は今回の 検査結果 を踏まえたうえで、今後のとるべき コロナ対策 についてこう提言する。
 
「高齢者の場合、いったん重症化したら 1 カ月の入院になるので、病院が埋まってしまう。高齢者をどうしたら守れるかということに重点を置いて方策をやるべきだろうと考える」
 
 一方、会見に同席した 九州大学 の 藤野武彦名誉教授(健康科学)は、「自然免疫」の観点から、ストレス不安 と 自然免疫 の低下を媒介する「脳疲労」の概念を解説した。
 
ストレス不安 があると 自然免疫 は低下し、ウイルス に 感染 しやすくなる。コロナ不安 や 経済危機 自体が 免疫を劣化させる ので、臨機応変 に コロナ に対応しなければならない」と警鐘を鳴らした。
 
 
【主な新型コロナウイルスの検査方法】
 
 「抗体検査」は、新型コロナウイルス感染から一定期間たった後に体内にできる抗体を、少量の血液から検出する。症状が出ない場合や病院に行かないまま回復した例を含めて、過去にどのくらいの人が感染したのかを把握するのに役立つとされる。
 
 現在国内で主に使われているのは「PCR法」。鼻の奥を綿棒でこすって採取した粘液などに含まれているウイルスに特有の遺伝子配列を、専用装置で増やして検出する。確認されれば陽性となる。
 
 このほか、インフルエンザの迅速診断で使われているような、ウイルス特有のタンパク質にくっつく物質を使って患者の検体からウイルスを見つける「抗原検査」がある。

 


 もうね?「新型コロナウィルス」も すっかりマンネリ化 して、みんな 飽きてしまった というか?ウンザリ という観があります。一部 の人たちは …

感染者が増えたぞw!

… と騒いでいますが、そもそも?とっくに「新型コロナウィルス」は蔓延している という研究発表もあるワケで、厚生労働省 が公開している 昨年度のインフルエンザ流行の傾向 からもそれが「裏付け」られます。
 

 
 つまり、現在「PCR検査」に引っかかっている人のほとんどは「新型コロナウィルス」の死骸 が検出されたものであって、「無自覚」「無症状」すなわち …

発病 すらしない 健康体

… であるにも関わらず、為政者 や マスコミ や ネットガヤ は「感染者」だと大騒ぎ して、ワタシたちを必要以上に不安に陥れ、息苦しい( マスク もあって)= 住み難い 世の中にしているというコト。

 暫くは現状を正しく認識するために、大手マスコミが無視している記事を頭に貼り付けておきますw。

 さて話替わって「お彼岸」がはじまったワケですが、昨日の夕方、お墓に供える 花束 を買いに花屋に寄ったら、花屋のおにーちゃんが …

お墓参りは 午前中 に済ませるのがイイそうですよ。

… と教えてくれたので、恥かしながら この年になるまでそういう「作法」を知らなかった 自分を恥ずかしく思い、お墓参り は出直すことにした次第(幸い自宅と墓場はそう離れていないもんで)。

 ま、人それぞれ都合があるでしょうから?そんなに 厳密 に拘る必要は無いとわかってはいても、知ってしまうと「魚の小骨」のように 意識 に引っ掛かってしまうのはワタシが 小心者 だから?

 そういうワケで小雨がパラつく中、午前中にお墓参り を済ませてきたワケですが、墓場はそこそこ混んでいて、で、今回気づいたのは、結構 子供連れで来ている家族が多かったというコト。これまであまり見られなかった風景で、中高生になると親の言うことも聞かなくなり …

「お墓参り」なんて辛気臭いもの付き合えるかw!

… と遊びに行ってしまうのがフツーだったのでしょうが、大坂なおみ選手の「祖先云々…」の優勝コメント に触発され …

考えを改めたのか?

… ナンて思った次第。

 まw、ナンダカンダ 言っても日本には「お彼岸」と「お盆」という、祖先に想いを馳せる機会 が昔からあって、大坂なおみ選手 に言われるまでもなく 日本の文化 として 根付いている ワケですが、大坂なおみ選手 の発言によって 日本の若者が「祖先に想いを馳せる」という行為を再認識 してくれたのだとしたら、それはそれで 大坂なおみ選手に 感謝、感謝。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!