「人間の可能性」を閉ざそうとする者たち

【 期 間 限 定 拡 散 】

新型コロナ、首都圏 ほぼ全員 “既感染”!? 日本の死者が欧米より少ない要因の一つに「集団免疫説」 専門家の 新抗体検査 で明らかに
夕刊フジ 2020.8.14
 
 日本の 新型コロナウイルス感染 による 死者 や 重症者 が 欧米に比べて少ない 要因の一つとして浮上する「集団免疫説」。その 解明 に 光明 か。東京理科大学 の 村上康文教授 らは、新開発の検査システム を用いた首都圏での 抗体検査 で、従来の結果を大きく上回る数値が出たと明らかにした。注目すべきは、陽性 が出なかった例を含む 検体のほとんどで、すでに何らかのコロナウイルスに感染している「既感染」を示す反応があったことだ。免疫を獲得している可能性があるというのだ。

 抗体定量検査システムは、村上氏が設立したベンチャー企業が、民間企業の協力を得て開発した。
 
 13 日に 東京都内 で 記者会見 を開いた 村上氏らによると、5 ~ 8 月に東京など首都圏からボランティアで集めた 10 ~ 80 代から 362 検体を採取した。今回の検査では複数の抗原を用いるなどして精度を高めたところ、約 1 . 9 % で 陽性 の結果が出たという。
 
 厚生労働省 が実施した 抗体検査 では、東京の 抗体保有率 は 0 . 10 % で、これに比べるとはるかに高い水準だ。東京の人口比でみると、公表された累計感染者数( 13 日時点で 1 万 6680 )より大幅に多い 約 26 . 6 万人が、すでに新型コロナに感染 していると推測できる
 
 だが、一般に「集団免疫」が成立するには少なくとも 60 ~ 70 % の 抗体保有 が必要とされる。2 % 弱程度では 圧倒的に少ない ようにも思えるが、村上氏は 陽性の水準 に届かなかったものも含めて、ほぼ全ての 検体 で 抗体 の反応があったと明かす。
 
 免疫グロブリン(Ig)と呼ばれる 抗体 には複数の種類があり、抗体検査 の際、初感染では「IgM 抗体」の シグナル が最初に上がり、遅れて「IgG 抗体」が上がるとされるが、今回の検査では「ほぼ 例外 なく、IgM とIgG が同時 に上がった」と村上氏。
 
 村上氏は、両者の シグナル が同時に上がった場合、「既 感染(過去の コロナウイルス感染)」を意味する と説明。それが 新型コロナウイルス によるものか、過去のコロナウイルス による「交差反応」かなど、原因の解明については今後の課題としている。
 
 会見では、順天堂大学 の奥村康(こう)特任教授(免疫学)も ビデオメッセージ で、今回の 検査結果 について、「微量 の 抗体 でも ポジティブ に考えていいと思う」と コメント した。

 奥村氏は、免疫には、体内にある「自然免疫」と、ウイルスなど外敵と戦うことで構築される「獲得免疫」の 2 つがあるとしたうえで、獲得免疫 を 軍隊 に例え、「集団免疫 は 軍隊 の 総力、抗体 は ミサイル にあたる。ただ、ミサイル はなくとも軍は 訓練 されている場合、測る指標はない。抗体 が引っかからなくとも 免疫 はある」と 強調 した。
 
 前出の 村上氏 は今回の 検査結果 を踏まえたうえで、今後のとるべき コロナ対策 についてこう提言する。
 
「高齢者の場合、いったん重症化したら 1 カ月の入院になるので、病院が埋まってしまう。高齢者をどうしたら守れるかということに重点を置いて方策をやるべきだろうと考える」
 
 一方、会見に同席した 九州大学 の 藤野武彦名誉教授(健康科学)は、「自然免疫」の観点から、ストレス不安 と 自然免疫 の低下を媒介する「脳疲労」の概念を解説した。
 
ストレス不安 があると 自然免疫 は低下し、ウイルス に 感染 しやすくなる。コロナ不安 や 経済危機 自体が 免疫を劣化させる ので、臨機応変 に コロナ に対応しなければならない」と警鐘を鳴らした。
 
 
【主な新型コロナウイルスの検査方法】
 
 「抗体検査」は、新型コロナウイルス感染から一定期間たった後に体内にできる抗体を、少量の血液から検出する。症状が出ない場合や病院に行かないまま回復した例を含めて、過去にどのくらいの人が感染したのかを把握するのに役立つとされる。
 
 現在国内で主に使われているのは「PCR法」。鼻の奥を綿棒でこすって採取した粘液などに含まれているウイルスに特有の遺伝子配列を、専用装置で増やして検出する。確認されれば陽性となる。
 
 このほか、インフルエンザの迅速診断で使われているような、ウイルス特有のタンパク質にくっつく物質を使って患者の検体からウイルスを見つける「抗原検査」がある。

 


 「日本会議」が目論んでいるらしき、「新型コロナ」に便乗して国民が委縮している間にコトを進めようという計画が、どうも国民に見透かされそうなのにアセリを感じているのか?このトコロ、菅新政権 &「日本会議」関係者の性急な動向が目につきますw。
 
日本学術会議をめぐる問題
BLOGOS せき 健一郎 2020年10月17日 08:25
 
10月17日の故中曽根康弘元総理合同葬問題!国公立学校はじめ公的機関各所に弔意や黙祷が要望され、大喪の国旗掲揚法が指定されるのはなぜか?関係省庁は答えず!~10.15 合同葬弔意要請に関する野党合同ヒアリング 2020.10.15
IWJ 記事公開日:2020.10.15
 
【 社説 】核のごみ処分 真の「対話」の実現を
朝日デジタル 2020年10月15日 5時00分
 
女川2号機の再稼働、宮城知事同意へ…被災地原発で初
【msnニュース】読売新聞 2020/10/14 05:04
 
運転免許証とマイナンバーカード統合への工程表が見えてきた。まずは22年度の免許管理システムの一元化から
スラド 2020年10月16日 13時00分
 
東京都議会が「新型コロナを複数の他人に感染させたら罰金」という条例を検討
スラド 2020年10月16日 16時31分
 
 どれもこれも「日本会議」絡みであり、「日本学術会議」の件は「改憲」に向けた地均しであることは、すでに述べた通り。そうでなければ、ワザワザ定員を割ってまで特定の学者の任命を拒否するという根拠が見当たりませんw。

 故中曾根元総理の「合同葬儀」に関して言えば、現文部科学省大臣の萩生田 氏と 中曾根 氏はガッツリ「日本会議」繋がりだし、女川原子力発電所の再稼働に同意する 村井知事 も、「松下政経塾」経由で「日本会議」と通じている人物。

 自民党 ≒「日本会議」の方針がマスメディアやタレントを抱き込んでの、「核の平和利用」というプロパガンダを駆使した原発推進であるのは周知のことであり、その実働部隊とも言える経済産業省(旧通産省)の出身なのが、前北海道知事の 高橋はるみ 氏で、2003年から2019年までの4期16年間の就任期間中に 泊原子力発電所でのプルサーマル発電を承認 したりと、基本、原発推進知事であるのに加えて「神道政治連盟国会議員懇談会」に所属し、同団体の関連機関である「神社本庁」を通じてやはり「日本会議」のお仲間
 

 
 そして北海道が「核のゴミ」の最終処分地としてにわかに脚光を浴びているワケですが、高橋前知事 の時に築き上げた「日本会議」の草の根活動のネットワーク(各地の商工会など)が、多くの人から「東日本大震災」およびそれに伴う「福島第一原発爆発事故」の記憶も薄れかけているのをイイことに、また性懲りもなく日本の国土を「放射能汚染」しようと鎌首をもたげているワケだw。
 

 
 そういえば?北海道は「ゴールデンカムイ」を応援しているそうですが、であれば、先住民のアイヌの人たちが愛し守ってきた北海道の自然をどう思ってるワケ?「核のゴミ」で北海道の大地を汚染しても心が痛まないワケ?それでアイヌの人たちとの共存共栄だなんて、どの口が言ってるワケ?
 


TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト

 
 さてその一方で、都議会ではナンか?トンでもない条例を検討中とかで、「感染経路不明」という人がほとんどだという現状を踏まえてこんなバカげた条例を検討しているとしたら、現在都議会を構成している議員は「無能」としか言いようがありません。いますぐ全議員を入れ替えたほうが都民のためだと、いち都民として率直にそう思います。だいたい、「家庭内感染」がドウコウと不安を煽っておきながらふざけた条例でしょ?

親子の間で感染しても罰金を科すワケ?

 ま、「新型コロナ」を自分の政治目的のために利用しているかの様な、「日本会議」系の小池都知事、およびお仲間の議員連中の考えそうなコト。小池都知事は都民を委縮させることにご熱心なようで、加えて、各自治体の首長も「日本会議」系の面子は「新型コロナ」に便乗してアクションを起こしているのが目につきます。「大阪都構想」のようにw!
 

 
 運転免許所とマイナンバーカードの統合にしても、早い話が「デジタル化」の名を騙って「高度管理社会」を築き上げるためであり、そのために「デジタル庁」なるものまで新設するそうですが、そのトップに就任予定の 平井卓也 氏は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に所属し、「日本会議」とは深い関係…というか?「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は「日本会議」の下部組織の様なもの。ここまで「状況証拠」が揃えばたいていの人は…

いま何が起きているのか?

…の察しが付くものですが、「二重思考」に陥り現実を直視できない人には何を言っても無駄カモ?
 

 
 ひとつ言えるコトは、「マイナンバーカード」の普及率は二割に過ぎないというのが事実だとしたら、それは…

国民に必要とされていない

…というコトに外ならず、にも拘らず今度は「免許証」と「マイナンバーカード」を統合しようだなんて、それこそ余計なお世話であって…

そこまでして家畜のように国民を管理したいのか?

…という話。そんな、「国民が望まない行政」に巨額の「税金」を使うより先に、いま国の支援を必要としている人たちが山ほどいるんじゃないの?え?そもそもそのためにワタシたちは「税金」を納めているワケであって、役人や政治屋に貢ぐためではないw!
 

 
 さて、他にも書きたいコトはイロイロあるのですが、あまり長くなってもアレなんでこの辺にしておきます。

 で、再度言っておきたいのは、現在の状況は…

「人間の可能性」 VS 「新型コロナ」

…という局面に差し掛かっており、「人間の可能性」=「自分の可能性」を閉ざしてしまった者から先に、「高度管理社会」≒「ファシズム」に呑み込まれてしまうだろうというコトDETH。
 
 
 
 

人間ナメんなよ!

でわっ!

 
 
追記:

 これも、「日本会議」の 草の根運動員 によるイヤガラセの一環か?
 

ウポポイ発信強化 中傷相次ぎHPに解説文 研究者が回答 法的措置検討
北海道新聞 10/19 05:00

 胆振管内白老町のアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」に対し、インターネット上で差別的な投稿が相次いでいることを受け、運営するアイヌ民族文化財団(札幌)は展示について正しく理解してもらうための発信強化などの対策を始めた。中核施設の国立アイヌ民族博物館のホームページ(HP)に、民族の歴史や文化を説明する専用コーナーを新設。職員個人が対象となった投稿には、法的措置も検討する。

 ウポポイを巡っては7月の開業前後から、「偽アイヌの施設」といったいわれのない誹謗(ひぼう)中傷などがネット上に書き込まれ、同様の電話も続いた。中には、批判的な内容とともに職員の写真が投稿された例もあった。

<以下有料記事>

 
 「中傷」の発信元を特定したら、意外な場所の「端末」から書き込まれていたりしてw。