《晋 書》 倭 人

巻九十七 東 夷
撰:房玄齡 (唐) 等

倭 人

倭人在帶方東南大海中依山島爲國
地多山林無良田食海物
舊有百餘小國相接至魏時有三十國通好
戸有七萬
男子無大小悉黥面文身
自謂太伯之後又言上古使詣中國皆自稱大夫
昔夏少康之子封於會稽繼發文身以避蛟龍之害
今倭人好沈沒取魚亦文身以厭水禽
計其道里當會稽東冶之東
其男子衣以橫幅但結束相連略無縫綴
婦人衣如單被穿其中央以貫頭而皆被發
徒跣其地温暖俗
種禾稻糸甯麻而蠶桑織績
土無牛馬
有刀楯弓箭以鐵爲鏃
有屋宇父母兄弟臥息異處
食飲用俎豆

 
《三国志・魏書》 既 出

 
嫁娶不持錢帛以衣迎之
嫁を娶るのに結納の金品は所持せず、婚礼衣装にてこれを迎える。
 

死有棺無槨封土爲塚
初喪哭泣不食肉
已葬舉家入水澡浴自潔以除不祥
其舉大事輒灼骨以占吉凶
不知正歳四節但計秋收之時以爲年紀
人多壽百年或八九十

 
《三国志・魏書》 既 出
國多婦女不淫不妒
 
《後漢書》 既 出
無爭訟犯輕罪者沒其妻孥重者族滅其家
舊以男子爲主

 
《三国志・魏書》 既 出

 
漢末倭人亂攻伐不定乃立女子爲王名曰卑彌呼
漢代の末に倭人は乱れ攻伐が定まらないので、卑彌呼という名の女子を王に立てた。

宣帝之平公孫氏
これは宣帝が平定(238年)した公孫の氏族なり。

其女王遣使至帶方朝見
その女王の遣わせた使者は帯方郡に朝見に至る。

其後貢聘不絶及文帝作相又數至
その後も貢納は絶えず、および文帝が相国になると(260年)また数回至る。

泰始初遣使重譯入貢
泰始(265~274年)の初め、遣いの使者が通訳と重なり入貢。
 

目 次