White Room

 

 
 
In the white room with black curtains near the station.
黒いカーテンが掛けられた白い部屋、駅の喧騒が聞こえてくる
Black-roof country, no gold pavements, tired starlings.
空は黒い雨雲に覆われ、舗道はその輝きを失い、ムクドリたちは歌わない
Silver horses run down moonbeams in your dark eyes.
銀色の馬が、あなたの黒い瞳に映る月明かりへ駆け下りる
Dawn-light smiles on you leaving, my contentment.
夜明けの光が、あなたの旅立ちを祝福することを僕は願う
 
 
I’ll wait in this place where the sun never shines;
日の光の差し込まないこの部屋で、僕はあなたを待ち続ける
Wait in this place where the shadows run from themselves.
思い出だけが残されたこの部屋で、僕はあなたを待つ
 
 
You said no strings could secure you at the station.
何ものにも縛られたくないと、駅で別れ際にあなたは言った
Platform ticket, restless diesels, goodbye windows.
送迎切符、やかましいディーゼルエンジン音、別離の車窓
I walked into such a sad time at the station.
駅での別れは、僕には辛いひと時だった
As I walked out, felt my own need just beginning.
駅の外に出たとたん、愛しさがこみ上げて来た
 
 
I’ll wait in the queue when the trains come back;
列車が戻って来るとき、僕はホームの列に並んで待つだろう
Lie with you where the shadows run from themselves.
思い出だけが残されたこの部屋で、あなの面影を胸に
 
 
At the party she was kindness in the hard crowd.
すし詰めのパーティー会場で彼女は僕に優しかった
Consolation for the old wound now forgotten.
傷ついた心を慰めてくれ、一時忘れられた
Yellow tigers crouched in jungles in her dark eyes.
彼女の黒い瞳の中のジャングルでは、虎もおとなしくなる
She’s just dressing, goodbye windows, tired starlings.
彼女はいつものようにきれいだ、別離の車窓、ムクドリたちは歌わない。
 
 
I’ll sleep in this place with the lonely crowd;
孤独で満たされたこの場所で僕は眠る
Lie in the dark where the shadows run from themselves.
思い出だけが残されたこの部屋で、追憶の影に寄り添いながら
 
 
 
“White Room” by Cream / 1968